うぶすな日誌

饅頭に春

みなさん、こんにちは。

わーい3時のおやつだー、です。
愛知県三河地方の春といえばの「伊賀まんじゅう」。
そして桜のかほりうっとりの「桜もち」。

どちらも好きで選べない。
ならば2つ食べるとしよう。フフフ。

記事

さよならまたね

皆さん、こんにちは。

平成最後の年、平成最後の年と世間は騒がしい。
しかしやはり、何か今年は色々節目の年だなと思うこともあり。
個人的には、2月1日に犬が亡くなったことが節目です。
15歳と1ヶ月。十分生きてくれました。

一年ほど前から認知症にかかり、必死のパッチの介護生活でしたが、
だんだん痩せて最後は老衰で死んでいきました。
最後に看取ることができて、本当に良かったと思います。
いちいち「今から死ぬワーン!」と、鳴いて知らせよりましたで。

ま〜年末の繁忙期+帰ってからの介護の凄まじさと言ったら。
よくやり遂げることが出来たなと我ながら。

終わりよければ全てよしと昔から言いますが、
本当にそうだと痛感いたします。
見事な満点の着地で犬生にケリをつけて、天晴れな奴だと。

見習わねばなりませんな、こちらも。

記事

冬の風景

皆さん、こんばんは。

焼き鯖。
福井で撮った冬の風景です。
しばれるねえ。

今日誕生日なんです。
一人でまだ仕事してますけど。

しばれるねぇ〜。

記事

雪国

皆さん、こんにちは。

3年前ぐらいに、うぶすなのみんなで新潟に行った時の写真です。
私たちは、冬でも天気のいい太平洋側の愛知県に住んでいます。
冬に対して怠けています。2センチぐらいの雪で大騒ぎの大混乱です。

ですので、新潟はすごく寒くて、すごく雪におおわれているだろうから、
なまった愛知県民がヨチヨチ歩いてちゃ現地の方の邪魔になっていけねえと、長靴で行ったのです。

いりませんでした、長靴。
寒さもそんなに寒くありませんでした。
新潟のお客さんに笑われてしまひました。大げさすぎると。

いやいや、備えよ常にの精神で。

それは置いておいて、雪国のしんと静まりかえった風景っていいですよね。
雪国育ちの人と話すと、散歩で飼い犬のフンをポケットに入れて(もちろんビニールにいれて)暖がわりにしたこともあると笑っていました。
私も犬を飼っているので、もはや犬のフンはそんなに汚く思えません。
健康のバロメーターですし、なんなら今は老犬の絶賛介護中なのでコタツの中に日々落ちています。
「おお、落ちているな」と落穂拾いのごとく拾っております。
むしろ落ちていることが生きている証しなので、喜ばしいほどです。

また話しずれました。
雪国行きたいです。

記事

いい湯だな、はははん

皆さん、こんばんは。
なんだか毎日慌ただしいです。
忙しいのはいいことですが、ゆっくりハンモックに揺られてマンゴーでも遠い目でかじりたい。
木の幹に開いた穴に入って、コタツと漫画とカップラーメンを持ちこみ、春まで冬眠したい。(但し山ねずみサイズにならなければ)
1時間マッサージコースを渋らずに一ヶ月2回ぐらい大名気分で行ってみたい。

どこか遠くへ行きたくなりましたわ。

一昨年ぐらいに京都一人旅で泊まったのが、昔遊郭のあった地域の、かつての置屋だった旅館。
どこもびっくり価格の宿しかなく、ここならば良さそうと泊まったのです。
雰囲気あって良かったですわ。
遊郭というと、昔は娘さんたちの涙もたくさん流れた場所でしょうけども。

夜は近くの銭湯の無料券をくれたので、通いました。
住人気分でとても楽しゅうございました。
みてください、いい感じの電飾。
中は常連の姐さんがたが沢山おられ、一見のトーシロが邪魔しちゃなんねえとなるべく下手下手に移動作戦で過ごしました。
また行きたいものですなあ。

記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 87

PAGE TOP