うぶすな日誌

脱走犯捕獲

皆さん、こんばんは。
先日の事件の続きです。

酉子と共に作業場で注連縄作りをしていた時のことです。
暑いので、普段作業場の扉はどこもパーパーに開いています。
ちなみに余談ですが、東海地方は「パーパー」だの「鉛筆トキントキンに削る」だのの言葉が多いです。
愛知に来たら電車の中なので、耳を澄ましてみてください。

戻ります。
すると、裏口から「○○!おいで!」と何やら大声で呼ぶ声がし、
その後に猫のニャーニャーというただならぬ叫び声が。
さては、裏の動物病院から脱走兵が逃げたなこれはと、
すぐさま裏口から出て声の主に「逃げましたか?つかまえましょうか!?」というと、
「はい!」と。

しかし狭い倉庫の裏に入り、目を爛々とさせて潜伏したまま出てきません。
すぐさま酉子に、反対側の出口を封鎖すべく待機してもらい、猫に白旗をあげるよう説得を呼びかけます。
普段寝起きはお爺さん間違われるほどの、低めの男声ですが、
精一杯の柔らかボイスで「こわくないよぉ〜でておいでぇ〜」と。
自分で「何がこわくないんだ。充分不気味でこわいわ!」と笑いがこみあげますが、必死に我慢。

無駄なところで頭がよく、己の私利私欲の為だけに生きている利己的な柴犬を飼っているので、
犬権を尊重し、会話での解決を目指す事などしていたら日が暮れるどころか、一年過ぎます。
ゆえにVシネの竹内力ばりの眼力で睨みつけ、力で制圧することも良くある身ゆえ、
よその犬猫が本気でガタガタ震えだすぐらいの殺気を身につけてしまいました。
とにかく今は殺気を消し、友好的な捕獲を目指すほかありません。

散々の呼びかけにも応じぬ脱走兵。
筆を猫じゃらしにおびきよせるも、不発に。
酉子と、まかない部長が猫のオモチャと、カリカリを持ってくるも不発。

これはもはや武力行使!と、人ひとり必死に通れるかどうかの隙間に潜入し、
私がちょっと殺気で追い立て、反対側で待ち構える酉子達の方へ追いやります。
何とか紐をつかむことが出来引きずり寄せるも、室外機の裏で抵抗を続けます。
さすがに他所様の猫に無茶は出来ないので、
飼い主さんが無理矢理つり上げ午前11時30分無事逮捕。

4人がかりで捕獲できました。
動物は判断を見誤ると命とり。
パニックになって道路に飛び出して迷子になったり事故にあうこともあるので、
何とか無事に捕獲できてよかったですわ。

聞くと、普段はキャリーケースにいれてくるけれど、
今回はたまたま段ボールに入れてきて、飛び出して逃げてしまったそう。
なので動物病院の扉をあけるところまで付き添って、無事送迎いたしました。

めでたし、めでたし。

(写真は脱走兵ではありません)

記事

事件があったのですが

皆さん、こんばんは。

今日ちょっとした事件があったのですが、
書くと長くなりそうなのでまた明日。

記事

ただ一言。ス・ゴ・イ。

皆様こんばんは。

「十人十色」。
中学校の教室の時計の上に貼られていた言葉です。
当時は勉強もせず、まったく向上心もなく、のんべんだらりと過ごしており、
「じゅうにんといろ」と読むとも分からず、
「えーなにあれー。中国語?」ぐらいの知能のティーンでした。
今の藤井四段と比べると銀河系ぐらいの距離を感じます、知能に。

しかし大人の階段のぼると「十人十色」の意味が経験を通して良く分かるってもので、
何も無理しなくてもあんな面白くもない言葉、
脳がおめでたいティーンに押し付けなくてもいいのではないかと。
分かる時が来れば分かるのですから。

 

まさにその「十人十色」の世界は毎日繰り広げられております。
内職スタッフさんの性格や、向き不向きも人それぞれ。
何でも出来る人、これならば誰にも負けないという専門派、力持ち、アイデアマン、
個性様々、色んな人がいます。

個性が出るのは「納品方法」にも。
型抜き人形の並べ方も人それぞれ。
最近一番「おおお!」と思ったのは、この画像のOさんです。
見てください、この整然と並んだ枯れ山水のような幾何学的な侘び寂び。
スゴイの一言、素晴らし過ぎます。

まさに「十人十色」。
どれもまた良しです。

記事

すっかり梅雨です

皆さん、こんばんは。
毎日雨降り、すっかり梅雨です。
日光で型抜き人形を乾かせなくなるので、強い味方のリーサルウエポン「布団乾燥機」の出番です。

梅雨らしい写真を。
日本古来のユリ、「ササユリ」です。
しっとりしとしとの季節は、パーッと派手な花よりも、控えめで清楚な花がいいですね。
先ほど、男女の色気とは何かについて熱くディベートしていたのですが、
つまりこういうことです。

記事

おしゃれ生活2017

皆さん、こんばんは。
昨日今日と一人留守番の子美です。
暑いです。汗だーだーです。

汗だーだー流しながらナイターを聞き、
蚊取り線香のパープルヘイズが充満する作業場で仕事していますが、
今年は少しだけオシャレ生活をしています。

 

5月に酉子と共に、地元で行われた「森・道・市場」というフェスに出かけてきました。
出演バンドも掟ポルシェさんや藤井隆さんなどはちょっと派閥が違うかもしれませんが、
心地いい系バンドが多く、ねじり鉢巻きでタオル巻いて体力作りして行くフェスというより、
大人が行ってもゆったり見られるフェスでございます。

といっても当日もんのすごい大雨で。
いい年して半ズボンで行って寒いわ、自分の頭から滝行のような雨が落ちてきて前が見えないわ、
どうみても自分が妖怪じみているわでしたが、
午後からは天気も回復し、大変楽しめました。

 

このフェスは屋台がウリです。
ちょっと小粋な、いわゆる意識高い屋台がたくさん。
私は、なぜか昼を2食食べまして、しかもチリビーンズドックとカリーを。
オシャツにはぶどうパンという、どんだけ炭水化物ばかりという内容です。
カリーといっても普段食べてる「母ちゃんカリー」ではありません。
まず野菜が多い。これがオシャレポインツです。
紫玉ねぎの酢漬け、にんじんマリネ、クレソンと、私の大好物ばかりで小躍りしました。
しかも最後に、花畑のような大きな鉢植えから、小さな花をちぎって添えてくれるのです。
シークレットをあなたに、です。

「こりゃ何ですか」と心のままに質問したところ、
パクチーの花とのこと。
なな、なんというオシャレ偏差値の高さ。
福神漬けでもラッキョウでもなくパクチーの白い花。
意識の標高が高すぎて気絶しそうでしたが、
ここでオシャレに負けてはいかん!と、何とか息を吹き返しました。

これがパクチーの花でしょうか。
先日出かけた先で見つけました。
何か似てるけど違う気もします…。

記事

PAGE TOP