うぶすな日誌

豊橋「エール」ロケ地巡り1

皆さん、こんにちは。
先週の休みに、ひっさーーーーーーびさに車で遊びに行きました。
場所は東三河、私たちの職場の西三河の隣の「豊橋市」です。

 

 

楽しみに見ているエールのロケ地がすぐ近くなのに、
コロナのせいで見に行くことも出来ず、一人涙にくれていました。
エキストラ行く気満々で、昭和初期の女性役作りで髪の毛も伸ばしていたというのに。

が、先週、自然の多いところメインだし、お弁当持って一人行動ならば、
誰にも会わんしいいね?と行ってきた次第です。
しかしまた後日書きますが、海岸でのパーリーピーポーの渦にのまれ、
人混みに流されてユーミン状態だったマスクの私。

 

 

写真は、主人公小山裕一の通っていた小学校。
新城市の「旧角谷小学校」です。趣のあって大変よい場所です。
校庭に入れたのでお弁当を一人食べ、満足でありました。

学校横には綺麗な小川。素晴らしいロケーションです。

 

 

簡素なのり弁。ゆかり風味の海苔というのが発売されていて、あれ素晴らしいですよ!
ゆかりの味がするざんすです。
地元でお金使わず申し訳ないです。節約生活ゆえ…

 

 

 

 

学校の瓦もかわいい。「文」とあります。

またロケ地巡り続きます。

記事

いつかの長崎の夜景

皆さん、こんにちは。

いつかの長崎の夜景。ワワワワ〜。

記事

波打ち際

皆さん、こんにちは。

そろそろ水辺が恋しい季節です。

記事

私と城第一弾 2月の、いざ稲葉城

皆さん、こんにちは。
徐々に新型コロナと共存しながらの新しい生活が始まりました。
気をゆるめず、しかし楽しむところは楽しんで、暮らしていきとうございます。

 

 

 

 

今回は大河も朝ドラも大変楽しみに観ているのに、
そろそろ放送休止になるのが残念です。
「麒麟がくる」は今は岐阜が舞台。三英傑も出てくるので愛知県民としては馴染み深いものです。

なので2月はじめに、急に天下が取りたくなり(アホだと思ってください)稲葉城(岐阜城)まで、
思い立って車をかっ飛ばし行ってきました。
もちろん天下取りを目指すならロープウェーなど使えません。
ビシッと稲葉山(現金華山)を、兵糧背負って登山であります。
その際、脳内にはジョン・グラムさんの麒麟がくるのテーマ曲が、ジャジャーンジャーンと流れております。

 

 

 

息も絶え絶えに山頂に。
目指せ天守であります。

 

 

腹が減っては戦はできぬ。まずは腹ごしらえをば。

 

 

 

 

バカとなんとかは高いとこが好きと申しますが、その通り。
山頂にある岩山という、さらに高みで弁当です。天晴れな眺め。

 

 

 

 

岐阜城天守閣から。この眺めを昔の人々も見ていたと思うと胸熱です。
今は平民でも同じ眺めを堪能できるのです。良い世です。

 

 

 

帰りに何かいい土産はないかと、ロープウェー乗り場の土産物屋さんをウロついていると道三様が!
なんちゅうモッくんそっくりな!生き写しの蝋人形です。
あまりの激似に女性陣が「キャー!モッくんー!」とむらがって一緒に写真を撮っていました。
わかります。それほど似ていますもの。
これだけ似ている人形はなかなかないのではないでしょうか。

県境を越えての移動もできるようになったら、
ぜひ全国の皆様、お気をつけて岐阜まで遊びに行ってみてください。
ゆかりの地の見どころが沢山ありますゆえ。

記事

この間の花束

皆さん、こんにちは。
ようやく花屋さんがお店を再開して、買った花束。
ロマンス。

記事

1 2 3 4 5 6 36

PAGE TOP