うぶすな日誌

一年ありがとうございました。よいお年を!

皆さん、こんばんは。
早い方は、もう休みに入った方もいらっしゃるかもしれませんね。
うぶすなの作業場は本日が仕事納めです。

 

20151228

 

今年はとにかく、えと縄の売行きの早さが尋常ではありませんでした。
この怒濤の日々がいつか終わるのだろうか…。
そんな忙しい毎日でしたが、何とか無事仕事納め出来ました。

 

毎年楽しみに飾ってらっしゃるというお客様にさえ、
今年は完売でお手元にお届け出来なかった事、
本当に申し訳なく思っております。
また、「何とか手に入らないでしょうか」というお問い合わせも大変多く、
えと縄が皆さんに愛されている事を痛感し、
ただ感謝の一年でした。
本当にありがとうございます。

そしてこのようにタラタラしたブログにも足を運んでくださり、
ありがとうございました。

では、皆様よい新年をお迎え下さい!

※12月29日〜1月7日迄休業となります。

記事

ようやく落ち着いてきました

皆さん、こんばんは。
楽しいクリスマスイブナイトは過ごせましたでしょうか。

仕事も何とか、本当に何とか一段落し、
昨晩はゴージャスな「まかない」でお腹いっぱいになり、
レンタルで借りてきた菅原文太の「まむしの兄弟」を深夜家のコタツで見るという、
最近の言葉で言うところの、見事な「クリぼっち」を過ごしてみました。

しかし昔の任侠映画は凄いですね。
ダイナマイトぶち込んでますからね。
いやはや面白かったです。

20151225_1

ところで、昨日は何とクリスマスケイクまで頂きました。
目もくらむホールでございます。

merry

目もくらむホールのケーキが崩壊して、どえらいことに。
ちなみに、ケイクをお茶とあわせるのが通なのです。
コーヒー淹れるのが面倒だったともいえますが。ホホホホ。

さて、今は必死に酉子が年賀状を書いている最中。
私は先ほど書き終えました。
では今からまた仕事に戻ります。

年末は何かとせわしなくなりますので、
皆さん安全運転でお過ごし下さい。

 

記事

クリスマスイブ2015

皆さん、こんばんは!!!
&メリークリスメース!!!!!

お元気でいらっしゃいますか。
我々は今仕事が終わりました。
毎年作業場からお送りしている、うぶすなクリスマスナイト。
本日も作業場のまかない処CKOが用意してくれた、
豪華デナーのまかないを頂きました。

 

20151224_1

鳥の足とエビフリャーと葉っぱとポテトサラダであります!
なんとも美味でした。

20151224_2

そしてこれが現実です。
今年は背後が、こぎれいな方でございます。
やはり今年も新聞紙の上のクリスマス。
でもって、味噌汁&ごはん&漬物付き!
やはり日本人のクリスマスは和洋折衷が正しいのだと思います。

皆さんも良きクリスマスイブを!

記事

なんとかやっています

皆さん、こんにちは。
今日が何曜日なのか、何時なのか、自分は誰なのか、さっき何食べたのか、
それすらも境界線が分からなくなるほどの怒濤の日々も、
ようやく落ち着きを見せ始めたかといった感じです。

今年は例年よりも早く動きが出て、
11月中旬には完売という状態になってしまいました。
手作りゆえの生産数の少なさ、
全てを少人数で行っているので、どうしても制作・検品等に時間がかかるという点、
皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

 
20151217

 

さて、前回あげたブログの「眉毛」記事が、思ったよりも身内で波紋を呼びました。
亥坊は「この場に実際いたから」と涙を流しながら読み、
酉子は以前よりも太眉にして出勤です。

普段は午後から来てもらってるパートのYさんもたまたまブログを読み、
「眉毛が消えても仕事してるなんて」と毎日朝から来てくれ、
ありがたい守護神の存在で何とかここまで来ることが出来ました。
Yさんも頭の後ろが、ピヨピヨにはねたままの頭髪で来てくれているというのに。
頭を直す時間さえも惜しんで手伝ってくれているとは。
泣けますわ。

長年働いていると、働く上での体力気力温存法というのが誰でもあると思います。
常に補助エンジンを隠しながら仕事するといいますか。
ブレーキの遊び部分が必要なように。
全てに力を出し切ると、急なトラブル時に動力がなくなりますでね。
精神もいっぱいいっぱいで、問題がおこるたびに癇癪おこす上司というのも「あるある」であるのでないでしょうか。
必要じゃな時には、力出しつつ出し切らないのがプロフェッショナルでございます。
全開でやらねばならない時は、補助エンジンも勿論出力最大です。
ですが、そうすると帰宅分の体力がなくなるのが問題ですな。

通勤と帰宅では、車のバックミラーの視界が著しく変わることで気づきました。
帰りにはまっすぐ座席に座れず、座高が著しく低くなるためバックミラーに何も映らないのです。
いかん、プロならば帰り分の仮想メモリも残して仕事をせねばと、
ブツクサ思いながら帰る毎日です。

記事

女性の眉毛と仕事の関係

皆さん、こんにちは。
昼休みナウなので手短かに。

昨日というか今日、またもや深夜、薄汚いシンデレラ状態で仕事をしていたのですが、
自分の仕事のキリがついたこと、もはや体力の限界!(BYウルフ)に陥っていたことで、
酉子と助っ人亥坊に「今日はもう23時半で帰るから」と言い残し、
帰り支度をしておりましたのです。

しかし帰る寸前、私の視界に入った酉子のある現象が私の足を踏み止まらせました。
なんと、必死に作業する酉子の眉毛がこつ然と消えていたのです。
酉子は夜になるとオデコが痒くなるという怪現象が続くそうで、
夜はデコ丸だしで仕事をしているので、余計にその眉毛が目立つのです。
しかも半分から消えるというのは女性ならば「あるある」で分かって頂けるでしょうが、
カミソリで一筋削ったように、まるでB-BOY風に眉毛が消失しておるのです。
「酉ちゃん!眉毛が一部断絶を!B−BOY仕様に!」と叫んでしまったほどです。

女性ならば死守したい最後の砦。
それこそが眉毛です。
ノーメイクでもせめて眉だけは何とかしたい。これが女心です。
そんな大切な眉毛が消失しても、仕事に打ち込む姿。
同性ならば、この姿を見ても帰れる人はいないでしょう。

わたくしは決心しました。
B−BOY眉毛を置いては帰れない。
山口百恵がマイクを置いて引退したように、
私もエプロンを脱いで置こうとしたものの、
「あとどのぐらい明日出荷分の制作残ってる?」と、
一蓮托生で共に戦うべく居残りを決めたのでございます。

何度も眉毛を見ては、思い出し爆笑をしながら。
以前の職場でウマの合わない女社長のもと働いた事がありますが、
社長室で疲れきった顔で、眉毛を消失しながら夜遅くに働く姿を見たら、
やはり、「この人を残して帰るわけにはいかぬ」と、
残って手伝った覚えがあります。
そのように心が動くのには、女性の眉毛が消えているか否かで決まるのだと、
昨日酉子のB-BOY眉を見て居残りを決めたことで痛感しました。

しかしそう考えると、疲れていても眉さえ消さず笑顔で働く、
飛行機のCAさんはプロ中のプロだと思いましたな。

記事

PAGE TOP