うぶすな日誌

さすがの彼岸花も…

皆さん、こんにちは。

毎年毎年、どんな記録的な猛暑でも冷夏でも、
狂うことなくお彼岸に開花していた、
脅威の形状記憶花「彼岸花」に変化が訪れていたらしいですね。

なんと1週間ほど開花の時期がズレているとか。
彼岸花が咲いてくれているおかげで、
「お彼岸」に気づかせてくれる貴重な存在でしたのに。

さすがに、毎年想定外の気候ですから、
彼岸花も疲れてしまったのでしょうか。

記事

野生の証明

皆さん、こんにちは。

柴犬飼いから猫飼いになった、子美です。
夜に内職をしていると、
水引をオモチャだと思った猫が邪魔を始め、
「ぎゃー!商品になんてことを!このおかげでご飯食べられてるんだでね!」と、
今まで子猫と2度大げんかをしました。
いい年こいて。

水引をグチャグチャにしようとするので「ちょっと!ダメ!」と放り投げたら、怒るのなんの。
タスマニアデビルのように噛み付いてくるので、
こっちも母猫になったつもりで噛みつき返すという、大層大人気ない戦を繰り広げてきたものです。

が、ついに一昨日、また夜に内職をしていたところ、
「あ、おもちゃ!」と目を光らせたものの、
すぐに「あ、これ怒られるやつ」とあきらめたではありませんか。
彼女なりに学んで成長しとる!と感動しつつ、
子猫相手に真剣に叱って悪かったなとも思っております。
普通のおもちゃと水引と何が違うんだと、猫側からすれば思うでしょう。

だが、この目つき。
まだまだ油断ならぬ、野生的な目をしております。
まだ戦は続くでしょう。

記事

日本で一番美味しそうに見える飲み物

皆さん、こんばんは。

タピオカブームですね。
昔は名古屋大須商店街の屋台のタピオカミルクティーは、別に並ばず余裕で買えたのですが、
今は5時間とか並ぶとか。
なんという。なんというタピオカムーブメント。

世の中に美味しそうな飲み物はたくさんあれど、
私にはこれが一番美味しそうだという飲み物があります。
さきほど昔の写真を整理してて見つけた、中日の試合の写真で思い出したのですけど。

中日の投手がベンチで飲む、
2リットルベットボトルを半分でぶった切って、中に氷をゴロゴロ入れた水(スポーツドリンク?)です。
あれをグビグビ飲んでいる投手を見て、「なんと美味しそうな!」と常に思っておりました。
一仕事やり終えたあとの豪快な水。
あの飲み口の大きさも、氷たっぷり具合もベストです。

やはり何か成し遂げた後に、あの水で祝杯をあげたいもの。
いつか真似したいものです。

記事

ビカビカ

皆さん、こんにちは。

今年の夏は今の所、涼しい方ですね。
去年と梅雨入りは同じ時期でも梅雨明けは遅く、まだ明けておりません。
密かにつけている天気表の去年のものを見ると、
今日ぐらいから35度の気温で、すぐに37度、38度がずっと続くという恐ろしい年でした。
最高気温の日は40.2度。
長年生きてきましたが、そんな凄まじい気温に出会ったことは去年が初めてです。

今年はせいぜい32度ぐらいに抑えてくれないかな〜と思っています。
お願いします!

写真全然関係ないですけど、このテイストの監督の映画に夜行くか悩んでまして。
21時か〜と。眠いしな〜どうしようかな〜。

記事

捨てられないパート2

皆さん、こんばんは。

作業場で、また捨てられない物が発掘されました。
ヨーグルトの空き容器。いつか何かに使えるはず。
遅咲きかもしれませんので、日の目を見るまで熟成させておきます。

先日テレビでマツコさんも言っていました。
おしゃれな雑貨屋さんでおしゃれな鍋敷きを見て、
「これいい〜」と言いながらも「でも結局勿体なくて使えなくて、チラシの上に鍋置いちゃうのよね」と。
あんなお金持ちでも、やはり「勿体ない」が出てきてしまうのですね。
鍋敷きは私も新聞使います。新聞の上で鍋が鎮座しとります。同士ですな。
お金があろうと無かろうと、人の性分というのは余り変わらないのかもしれません。

そう思うと、もちろん時間をかけて良いものを作っている自負はありますが、
たかが注連縄されど注連縄で、「えと縄」を購入頂いているお客様には感謝しかありません。
送料だって大きいですもの。
毎年発売になる時期に「そろそろですか?」とお電話頂く事も多いです。
ちゃんと覚えて頂いているなんて、ありがたいことです。

本当に、いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

記事

1 2 3 4 5 6 13

PAGE TOP