うぶすな日誌

あっぱれ、岐阜のマチュピチュ

皆さん、こんばんは。

土日とも、愛知県はすっばらしい晴天にめぐまれました。
雲ひとつない運動会のような天気です。
土曜日は風が強く、海原はるか師匠テイストな髪型になりましたけども。

日曜は岐阜の大垣に遊びに行っておりまして、
揖斐(いび)郡の「天空の茶畑」「岐阜のマチュピチュ」と呼ばれる絶景ポイントを拝んできました。

うねうねカーブを車でのぼり、駐車場からは細く急な山道をヒーコラ言いながらの登山です。
すると何ということでしょう。
まさに絶景。
緑まぶしい茶畑が一面に広がり、まさにテレビでよく見るマチュピチュに似た風景が広がります。
高台から見下ろす絶景は、
天下とったことないですけど、恐らく天下とることないですけど、天下とった気分になりますね。
一国の主感を感じながら「気分がいい、実に気分がいい」と感動しました。

何時間でもぼーっと過ごしたいぐらいです。

大垣は水もきれいだし、歴史もあるし、おすすめでございます。

記事

お暑うございます

皆さん、こんばんは。

今日はとてつもなく暑いですね。
気温はそれほどでもないですが、ヒイヒイ言いたくなる暑さ。
酉子と2人、湿りながら仕事していました。湿り女子です。
女子って言ったらイカン年齢なのですけども。

この写真の背後に写っているボケを、写真用語で「玉ボケ」と言いますが、
今、私にとって一週間の癒しのドラマ「おっさんずラブ」で見事な玉ボケを拝見しました。
部長がフラれるシーンで映るビルのネオンの玉ボケが、
すべてハートがひび割れた玉ボケになっていたではありませんか。
ハートだけじゃなく涙の形も。

何という芸の細かさ。
素晴らしい映像スタッフさんの心意気に目頭があつくなりました。

このように心に余裕をもって仕事をしたいものです。(半眼)

記事

ばらの花

皆さん、こんにちは。

バラが奇麗な季節がやってきました。
ばらの花といえば、くるり。

自分の中で、これはこの表現しか、この言葉しか、しっくりくるものが他に絶対ーーーーーーに見つからないという、
作品なり文章なりに出会ったときに、
木綿のハンケチーフをキイイと噛んで床をゴロゴロして悔しくなるほどの、謎の病を持っているのですが、
ばらの花の歌詞に出てくる飲み物はジンジャーエールでしかありえず、
映画「フルメタルジャケット」最後のシーンで兵士が歌う曲は、あの曲でしかありえず、
石川啄木の詩に出てくる、哀しきテロリストが飲むのはココアでしかありえず、
あの世界を表現するには悔しいけれど、どう考えてもそれしかあり得ぬという「三大これしかあり得ぬ作品」です。

映画や小説読んでても、いっちょまえに他にもっといい表現あるんじゃなかろかと、
眉間に皺を寄せながら常に考えてるんですけど。

そして、日曜にくるりを見に行ってくるのです。キシシシシ←笑い声。

記事

麗しのライブ

皆さん、こんにちは。

ゲホゲホ風邪が流行っている、うぶすなです。
ゴールデンウイーク疲れが出ましたかしら。
遊んでばかりじゃなく、ちゃんと働いてもおりましたよ。

今年は、酉子と伊勢の某所まで遊びに行って来ました。
個人的に大好きな場所でのライブがあるという情報を聞きつけ、
「私も行くー!」と前のめりで挙手した次第です。

しかし折しも開催日はゴールデンウイーク真っ盛り。
ただでさえ混む、魔の伊勢湾岸、東名阪、伊勢自動車道を通らねばなりません。
ですが、すでに朝の時点で事故渋滞の情報が。

どうやら下道は動いているようなので、ここは下で行くべし!と、
えんやこらと、ほぼ下道を使って行きました。
途中王将でガッツリとエネルギーチャージしながら。

ライブはシャンデリアの光輝く畳の大広間でほんわかと始まり、とても楽しめました。
夫婦岩も拝み、おみくじも引き、またもやガッツリサービスエリアで栄養補給し、
真っ暗闇の高速を、酉子が必死に恐怖の中走り抜け、いい一日が過ごせました。

伊勢はほんと、いいところでございます。大好きですわ。

記事

PAGE TOP