うぶすな日誌

冬の風景

皆さん、こんばんは。

焼き鯖。
福井で撮った冬の風景です。
しばれるねえ。

今日誕生日なんです。
一人でまだ仕事してますけど。

しばれるねぇ〜。

記事

雪国

皆さん、こんにちは。

3年前ぐらいに、うぶすなのみんなで新潟に行った時の写真です。
私たちは、冬でも天気のいい太平洋側の愛知県に住んでいます。
冬に対して怠けています。2センチぐらいの雪で大騒ぎの大混乱です。

ですので、新潟はすごく寒くて、すごく雪におおわれているだろうから、
なまった愛知県民がヨチヨチ歩いてちゃ現地の方の邪魔になっていけねえと、長靴で行ったのです。

いりませんでした、長靴。
寒さもそんなに寒くありませんでした。
新潟のお客さんに笑われてしまひました。大げさすぎると。

いやいや、備えよ常にの精神で。

それは置いておいて、雪国のしんと静まりかえった風景っていいですよね。
雪国育ちの人と話すと、散歩で飼い犬のフンをポケットに入れて(もちろんビニールにいれて)暖がわりにしたこともあると笑っていました。
私も犬を飼っているので、もはや犬のフンはそんなに汚く思えません。
健康のバロメーターですし、なんなら今は老犬の絶賛介護中なのでコタツの中に日々落ちています。
「おお、落ちているな」と落穂拾いのごとく拾っております。
むしろ落ちていることが生きている証しなので、喜ばしいほどです。

また話しずれました。
雪国行きたいです。

記事

いい湯だな、はははん

皆さん、こんばんは。
なんだか毎日慌ただしいです。
忙しいのはいいことですが、ゆっくりハンモックに揺られてマンゴーでも遠い目でかじりたい。
木の幹に開いた穴に入って、コタツと漫画とカップラーメンを持ちこみ、春まで冬眠したい。(但し山ねずみサイズにならなければ)
1時間マッサージコースを渋らずに一ヶ月2回ぐらい大名気分で行ってみたい。

どこか遠くへ行きたくなりましたわ。

一昨年ぐらいに京都一人旅で泊まったのが、昔遊郭のあった地域の、かつての置屋だった旅館。
どこもびっくり価格の宿しかなく、ここならば良さそうと泊まったのです。
雰囲気あって良かったですわ。
遊郭というと、昔は娘さんたちの涙もたくさん流れた場所でしょうけども。

夜は近くの銭湯の無料券をくれたので、通いました。
住人気分でとても楽しゅうございました。
みてください、いい感じの電飾。
中は常連の姐さんがたが沢山おられ、一見のトーシロが邪魔しちゃなんねえとなるべく下手下手に移動作戦で過ごしました。
また行きたいものですなあ。

記事

しるこイグレシアス

皆さん、こんばんは。

食べ物の写真ばかりで、あいすみません。
先週金曜日のおやつです。
ほかほかしるこ。
あったまりまする。ズズズズ。

記事

いいおやつ

皆さん、こんにちは。

昨日からちょっとにぎやかな、うぶすなの作業場です。
関東より亥坊がやってきました、お子を連れて。

恐ろしい眼力と、必ず大酒飲みの喫煙者に見られる風貌で、
猫や犬、子どもに恐れられるのですが、
亥坊ジュニアも大いに警戒してきます。
長期戦で手懐けていかねばと思っておる次第です。
餌付けしてはいけない時代だし。

私はすぐに餌付けられるので簡単です。
見てください、このいいおやつ。
いいところのアッポーパイです。
年始の特別おやつでした。

よく何か口寂しい時に「なんかいいもんない?」と聞くことや、
聞かれることがあると思いますが、
「いいもの」というお菓子はどんなものなのでしょうね。
その人の舌が、お腹が欲しがっているモヤ〜っとしたイメージに合うベストマッチなお菓子なのか、
はたまた高級ないいものなのか。
謎です。

記事

PAGE TOP