うぶすな日誌

デナートークショー

皆さん、こんばんは。

やる事がありすぎて、のんきにブログを書いている場合ではないけれど息抜きに。
公やビジネスの場で「野球」「政治」「宗教」の話しはタブーと言いますが、
野球の話をしちゃいますね。
お許しください。

というのも昨日、名古屋で行われた「落合博満トークディナーショー」に行ってきたのです。
三冠おちあーい広角打法〜♪右へ左へホ〜ムラン〜♪の落合さんです。
折りたたんだ1000円札を、がま口から13000円分ひねり出しました。
私にとっての13000円は、13万ぐらいの重さが!
だが、いいのです。そんなものは!

根っからの落合ファンなので、今までもトークショーには行ったことはあるのですが、
ディナー付きのトークショーいうのが面白いではないか!と一人参加してきました。
ええ、落合ものに一緒に参加してくれる変わった人がいないのでね。

ホテルでのトークショーなので、一応自分比でのフォーマルで行きました。
ヒール履いたら、巨大な女が巨人兵のごとくそびえ立つ図式になりましたけども。

中日ファンなら忘れやしない、北京オリンピックで岩瀬を心身ともに壊されたあの悲しみ。
岩瀬を救ったのは「38階?(数字は忘れた)から飛び降りたら楽になるぞ」という
川上らしいステキングなブラックジョークをはじめとしたチームメイトの愛という事実や、
軽くバットを振ってくれ(正面からと横から見せてくれなすった)、
まさかの神主打法が目の前で拝めるとは!!!!

なんという喜びか!と胸を熱くして帰った次第です。

しかし本屋ですでに新刊を買ってしまって惜しいことをしました。
サイン本がトークショーで売っておるではありませんか。
2冊あっても仕方ないと断腸の思いであきらめましたわ。

また行かねばトークショー。

記事

ブリしゃぶ

皆さん、こんにちは。

忙しい仕事の合間をぬって(ひんしゅくだけども)休みを取り、
ぶりしゃぶを食べに行ってきました。

とろっとろの脂ののった、ぶりしゃぶ。
まずは刺身で。
そいでもって次は、しゃぶしゃぶ。

おいしかった。
ものすごく美味しかった。最初は。
しかし、段々苦しくなってきて、
あまりのお腹パンパンに翌日までくるしみました。
なんという贅沢な悩み。

私のような庶民は数枚食べるぐらいが、ちょうどいいのかもしれませぬ。

記事

ドライブはエモーション

皆さん、こんにちは。

ここのところ、毎日仕事で外出ばかりの日が続いています。
平常ならば、うぶすな作業場の椅子にへばりついているのですけども、フジツボのように。

昨日は山奥まで行く用があり、
ライブ会場レベルの大音量でサカナクションを流し、車内は一人クラブ状態に。
大音量サカナクションとともにウネウネ山道をビュンビュン走り、いや〜ストレス解消になりました。
本当は目をつむって、音の波にくるくるっとブルボンのルマンドのごとく巻かれていたいのですが、
目をつむって運転など出来ませんですからね。

かなり何台か路肩に停まって私を前に行かせてくれ、
煽った訳ではないのに申し訳ない、つ、ついハンドルさばきが軽快になりすぎたと反省しております。

夜の高速道路もサカナクションに合うと思うので、
ちょっと仕事が暇になったら、夜中に突っ走ってこようかしら。
その際は華やかなサービスエリアではなくパーキングエリアを味わうのが通。

記事

東海地方のソウルフード五平餅

皆さん、こんにちは。

仕事が追いつかないので休日出勤中です。
午夫と2人でマウスをカチカチ、キーボードかちゃかちゃやってます。
今日は底冷えしますね。
しかも昨日登山をして全身筋肉痛。
翌日痛いとは、まだ私の細胞も筋肉も捨てたもんじゃないなと。

ところで NHKの朝ドラで一躍有名になった五平餅。
全国どこでもあるものだと思ってました。ないのですね。
食べるとバットマンのジョーカーみたいな口に必ずやなりますが、大好きです。
味噌ダレも、味噌だけ、味噌とゴマ、クルミ、えごまのタレと色々あるのです。
地方によって形も変わります。

写真はこの間、午夫が買ってきてくれたもの。
「汚い感じだけどきれいだから」と。
わかってますがな。

記事

神々しい午夫

みなさん、こんにちは。

立春も過ぎ、妙にあたたかかったり、寒かったり。
三寒四温の日々が続いています。
そしてインフル流行りまくりズムです。
あ〜いやだ、うつりたくない。

写真を整理していたら、妙に神々しい午夫の写真が出てきたので載せます。
申年のカタログ撮影の時のものです。
岐阜県の川の中に入って撮影したりして、なかなか楽しかったですわ。
はたから見たら相当怪しいですけども。
川ん中で、謎めいた人種達がヤイヤイ言いながら注連縄写してるって。

記事

1 2 3 4 5 6 7 8 87

PAGE TOP