うぶすな日誌

メリークリスマス2014

皆さん、こんにちは。
クリスマスイブはいかがお過ごしでしたか?
うぶすな作業場は仕事が落ち着いてきたというものの、
やはりまだ世の男性企業戦士の帰宅時間レベルの毎日です。

ですが、我々もささやかながら労働中にパーリーをしております。
毎年クリスマスイブのまかないはパーリー仕様。
うぶすなの胃袋CKO(チーフ・キッチン・オフィサー)が腕によりをかけて、こしらえてくれるのです。
「何がクリスマスでぇ、てやんでい」と、ささくれだった私たちの心もほぐれていくかのような、
豪華パーリーメニューに「ありがたや」の一言しか出てまいりません。

xmas2014_1

クリスマスの主役ティキンです。

xmas2014_2

ケチャップじゃないデミグラスソースのオムライス。なんてオサレな!

xmas2014_3

毎年お送りしている作業場のクリスマス風景。
引きの画で今年もお送りします。ハンカチのご用意を。
新聞の上の華やかな料理が、侘び寂びを見事に表現していると思います。
とても美味しゅうございました。ごちそうさまでした。

皆さんも素晴らしいクリスマス、よい年末をお過ごし下さい。
ではでは。

記事

何とかやっております

皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しております、うぶすなの子美です。
最近ブログの雰囲気が格式高くなっていましたが、今日からいつものモードでございます。すみません。

深夜も灯りとギャーギャー賑やかな声が消えることない、不夜城「うぶすな」の作業場ですが、
何とかようやくようやく、落ち着いてきました。

coffee2014

 昨日は、東京から期間労働に来ていた亥坊が無事江戸に戻って行きました。
パートのYさん、頑張ってくれた内職スタッフさん共々、続々と今年のお仕事が終了しています。

全盛期は応援部隊も沢山投入されるので、うぶすなの給湯場の洗い桶は常にカップや湯のみで一杯。
それが一人減り、二人減りで、洗い桶も随分すっきりしてしまい、今は午夫と酉子とポツンと3人。
何だか寂しいような気分です。
とにもかくにも毎日が戦場の繁忙期を、共に戦った戦友というポジションが一番近いので、
内職スタッフさんにもパートさんにも、別れの時は妙に毎年シンミリしてしまう自分がおります。
ようやく今年も、これで仕事が何とか無事に終える喜びのが大きいはずなのに、分からないものですね。

ゴールを切るまであと少し。
これからは毎日更新致しますよ。宜しくお願い致します。

記事

熊野本宮大社へ八咫烏注連縄を奉納しました

みなさん、こんにちは。

12月5日、熊野本宮大社へ八咫烏注連縄(やたがらすしめなわ)を奉納して参りました。

八咫烏注連縄は、熊野の大神のお仕えとされる八咫烏をかたどった、うぶすなオリジナルの注連縄で
奉納が始まって今年で11年となります。
1

▲羽根の部分と、胴体を組上げる最後の工程です。

2

横幅2mある、来年の干支・未の干支人形がついたとても大きな注連縄です。

 

3

一年飾られた今年の干支・午の干支人形がついた注連縄は役目を終えて神門より降ろされ、
いよいよ今年の奉納が始まります。

4

重さは5kgあり、大人二人で掲げていきます。

5

はしごを上って神門へ取付ける緊張の瞬間です。

6

本年も無事、奉納が終わり
左右に2体の八咫烏注連縄が取付けられました。
九鬼宮司による大絵馬、三重県の榎本さんによる大注連縄、八咫烏注連縄の3点がそろい
お正月をお迎えする準備が整いました。

 

7

代表の浅井より、九鬼宮司様へ今年のえと縄も奉納させて頂きました。

 

(九鬼宮司様の「鬼」の文字は、本来はの上の点がありません)

記事

うぶすなオンラインショップOPEN!

皆さん、こんばんは。

本日うぶすなのオンラインショップがオープンしました!

2015年えと縄もオンラインにてご注文いただけます。
是非ご利用ください。

>>うぶすなオンラインショップ http://ec.ubusuna-shop.com

記事

八咫烏しめ縄ワークショップを開催しました

皆さん、こんばんは。

11月23日、東京にて代表・浅井による初めての「八咫烏しめ縄」作りのワークショップを開催しました。

ubusuna-workshop_1410151

 

うぶすなでは毎年師走の時期に、八咫烏を神使とする熊野本宮大社へ特大の八咫烏しめ縄飾りを奉納しています。

今年は熊野古道が世界遺産に登録されて10周年の記念の年ということもあり、
このようなワークショップを開催することになりました。

 

work2

 

藁の香りや感触を楽しみながら、みなさん初めてのしめ縄作りに一生懸命取り組んでいただきました。

 

work3

 

縄を丸めて麻ひもでしばったり、
青刈(しめ縄用に刈った稲)を束ねて羽を作ったり
紙垂(しで)を折ったり、
ひとつひとつの行程が、みなさんにとって新鮮だったようで
「とても楽しかった」という声を頂戴しました。

 

work1

 

work4

 

それぞれ形の違う、個性が表れるしめ縄が完成しました。

自分で作ったしめ縄を飾って迎えるお正月は、きっといつもとひと味違うことでしょう。

ワークショップ中、制作だけでなく八咫烏についてやしめ縄、お正月についてのお話もさせて頂きました。

当たり前のように過ごしていたお正月、しめ縄のある風景も
その背景を少し知るだけでまた違ったものに見えてくると思います。

初めてのワークショップで、どんな反響をいただけるかドキドキしていましたが

皆さん笑顔で楽しんでいただけたようで、是非来年もしめ縄ワークショップを開催したいと思いました。

またどうぞよろしくお願いします。

記事

PAGE TOP