うぶすな日誌

寒い冬は味噌煮込みだぎゃー

皆さん、こんばんは。

今日は、どえらい寒いですね。愛知は雪がチラホラ降ってます。
寒い日に食べたくなるものと言えば、私はコレ。
おでんでも鍋でもなく、味噌煮込みうどんです。

郷土料理というのは、実際家庭で余り食べないものもあります。
味噌カツは外で食べた方が美味しいので、私だけかもしれませんが家では余り食べません。

ただし味噌煮込みうどんは家でやたら食べます。(個人差あると思います)
うぶすな繁忙期のまかないでも登場するメニューです。
スーパーでは味噌煮込みうどんのインスタントうどんが豊富に並んでいます。
しかも最近は、お店並みの美味しさを誇るインスタント麺が台頭し、自分の中で味噌煮込みうどんレボリューションが起きております。

20150209

 

とにかく、風呂でも何でもチンチンに熱いというのは最高のおもてなしである愛知ですので、
グラグラと土鍋で煮立ったうどんは最上級のごちそうであります。

赤味噌は長時間煮込んでも風味が飛ばないので、味噌煮込みうどんにはもってこいなのです。
そしてこのデミグラスのようなこってり濃厚な色合い。
これも食欲をそそるのなんの。
冷蔵庫にあるもの適当に何でも煮てしまえる、味噌の懐の深さも助かります。
キムチやらチーズやら、とにかく何でもよいのです。
カレーと同じく度量が大きいのではないでしょうか。

ご飯との相性もばっちりです。W炭水化物摂取ですけども。
そんな細かい事はどうでもいいほどの美味しさなのです。

ぜひ愛知にお越しの際は味噌煮込みをどうぞ。

 

記事

今日は節分

皆さん、こんばんは。

今日2月3日、立春の前日は「節分」。
もう豆まきはされましたか?

だいぶ脳細胞が耄碌して、不確かな記憶しかないのですが、
学生時代は給食に豆が出たような気がします。
なので恐らく豆まきをしていたのでしょう。

今は豆を撒くこともなくなりました。ええ、勿体ないというのもあります。
しかし、この豆まきは一年のはじまりである立春前日に、
豆を撒いて邪気を祓い、新しい年を迎えるという意味があるのだとか。
勿体ないと言っていてはいけません。

 

20150203

 

豆をまく時は、物事のはじまりとなる北東から順に、東南と時計まわりに撒くそうです。
北東は鬼門にあたるので、北東から豆を撒くことで邪気を祓う意味もあるんだそうです。

さて、家に帰ったら豆でも盛大に撒きましょうか。
すぐさま光より速く拾って食べますけども。

 

※参考文献 幸せを呼ぶ日本のしきたり(中経出版)

記事

大寒

皆さん、こんばんは。

今日は一年で一番寒い日「大寒(だいかん)」。
とても寒い毎日が続きますが、日が次第に長くなり春の足音が聞こえてくる時期でもあるのです。

 

20150120_2

 

そんな大寒でしたが、愛知県は雲ひとつない晴天でポカポカ陽気。
明日から天気がくずれるようですが、今日はとても過ごしやすく、座骨神経痛持ちの熟女にも優しい天気でした。

「日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし」の本によると、20日頃は正月の祝い納めの日で、お正月に働きづめだった女性が休みをとって里帰りしたり、仕事を休む習慣があったそうです。

なんと!思い切り仕事しておりました。
まあ、散々お正月に休んでしまったので、今さら休めませんです。

記事

まかないを振り返る

皆さん、こんにちは。

昨日は結構な雨降りでしたが、今日はポカポカいい天気です。
ただ惰眠をむさぼりたいですね、こういう日は。
「出かけたい」と思わず「寝たい」というところがイカンと思いつつも、
眠くて仕方ないエブリデイです。

20150116

最近のブログは過去ばかり振り返っております。
本当は昨年アップしたかったのに。

本日は、うぶすなの繁忙期まかない事情です。
毎晩うぶすなの胃袋管理人CKOが作ってくれ、これが楽しみで働いているようなものでした。

毎日何を食べたか記しておいたものを、今見返してみると、やはり労働者仕様のガッツリメニューが多い気がします。
「肉」「ラーメン」「米」「カレー」
外食も含め、このあたりが多いですね。
やはり労働者には「早い」「うまい」「お腹満足」。
W炭水化物万歳です。
とにかく食べねば体と脳がもたないゆえ、やはり健全な魂には健全な食事が大事だと痛感しとります。

記事

冬の美味を頂きました

皆さん、こんばんは。
今日も寒い寒い一日です。
「犬は喜び庭かけまわり」という歌詞がありますが、
高級犬毛100%の飼い犬は、毎晩すごい勢いでズザーッとコタツに入って寝ております。
あの毛皮は何の為なのか、野生の証明を忘れたのかと毎日説教していますが、聞く耳を持ってもらえません。

20150114

この写真は去年の年末のものですが、
内職スタッフさんに採れたての大根とカブ、みかんを頂きました。

繁忙期は体がみかんを無性に欲するので、
大変ありがたい頂き物です。
やはり空気の乾燥と、「何があっても風邪を引いて休む事は出来ない」という脅迫観念からビタミンスィーを自然と求めているのでしょうか。

しかし猫の手を100本ぐらい借りたい繁忙期は、スタッフ一同不思議と風邪を引かないのですよね。
やはり気を張っているからでしょうか。後は忙し過ぎて全く外出していないというのが大きいかと思います。
おかげで風邪を貰いようがないという。

完全にガラパゴス状態で疫病も入ってこないのですが、世間の情報を仕入れる余裕のない時期で、本当に世の中で何が行われているのか全然分かりません。

地球とは違う惑星で生きているのではないかとすら思うほどです。
タイトルの「冬の美味」から随分と話題がずれましたが、今は余裕が出来て地球で生きてる感満載です。
やはり地球がいいですなあ。

 

記事

PAGE TOP