うぶすな日誌

作業場に春が来ました

皆さん、こんばんは。

今、うぶすなの作業場は春爛漫です。
先日お邪魔した注連縄屋さんで河津桜を沢山いただき、
各自のパソコン机、作業場、あらゆる場に花瓶がセッティングされております。
河津桜というと伊豆が有名ですよね。御存知の方も多いと思います。

 

201500317

 

しかし注連縄屋さん、しとめた猪でも背負ってきたのかというほど豪快に枝ごと切り落としてくれました。
前回伺った際も枝ごとバサーッと柿の木を切り、両手にワッサワッサとたわわに柿が実った枝を持ち帰った事を、
昨日のことのように思い出します。
金太郎の気分になったのは生まれてはじめてでした。
そのときの旬のものや、お花を持たせてくれるなんてロマンがありますね。

おかげで、仕事しながらお花見気分が楽しめます。
こんな華やかな作業場、東京砂漠のような繁忙期では考えられません。

 

20150317_2

 

私(子美)のパソコン机にも春が。
いつか、なぎ倒して「あ〜!やっぱりやった〜!」と涙目になりそうで恐ろしい。
こういう予感に限って当たるものです。

憧れの職業に、バカ殿の背後で桜の枝を両手に持って踊る桜娘があるんですが、
今なら桜踊りをするチャンスかもしれません。
娘とは決して言ってはならぬジェネレーションですが。

 

 

記事

注連縄武者修行

皆さん、こんばんは。

先日、毎年お世話になっている注連縄屋さんに、恒例のご挨拶に行って参りました。
昨年は平日の雨の日だというのに、高速が謎の大渋滞。
おまけに帰宅後酷い風邪を引き、もれなく午夫にも風邪を移すという散々な日でしたが、
今年は金曜夕方渋滞を覚悟していたのに、スイスイと渋滞知らず。
渋滞と女心と秋の空は読めませんね。

 

20150316

 

注連縄屋さんの玄関先の写真です。
この、見事な注連縄を見て下さいな!
向かって右から、ひいらぎ、裏白、ゆずりは、裏白、馬酔木(あしび)の葉で強力な魔除けと縁起をかついだ注連縄です。
木の札は、16文キックの16文程あるんじゃないかという大きさです。

20150316_2
歴史と経験が育んだ、お師匠の職人の手は実に立派です。働く男の手であります。
都市伝説かもしれませんが、最近は男性でも爪磨きをするのが嗜みと聞いた事がございます。
整備士さんは整備士さんの、職人さんは職人の手をしているように、
仕事が手を作るのではありませぬか。
ピカピカの爪した手よりも仕事が育んだ手の方が、個人的にはロマンがあって好きなんですが、
マイノリティなのでしょうか。

そして、私(子美)も注連縄の武者修行を。
檄を飛ばされながらもヒイヒイ言って完成しました。
足で押さえて、手で綯う、拠る、全身を使っての注連縄づくりです。
ヨガのポーズじゃないかってくらいの、ポージングで挑みました。

なかなか綯いが上手くいかず、師匠、酉子に「そうじゃなくて!」と突っ込まれながらも、
最後は体で覚えることが出来ました。
やはり頭で考えているうちはダメですね。
体にたたきこむ事が一番です。習うより慣れろです。あとはリズム。
スポーツも仕事もリズムですわ。これが崩れるとスランプのイップスですわ。

 

20150316_3

 

これが私の完成形。
ちょっとボサボサですけど大満足です。
あ〜、ものすごく楽しかった。やはり一からのモノづくりは楽しいです。
ゾクゾクしますわね。
本当は稲から植えてナンボですけども。

 

 

記事

京都に行って来ました

皆さん、こんばんは。
花冷えと言うんでしょうか、夜になると春とは言え冷えますね。

先日、「申年」のえと縄研究の為に、滋賀と京都へ旅してきました。
いやあ楽しかった。楽しんでばかりではいけませんが、大変楽しい旅でした。

 

201500309_2

 

まず、はじめに訪れたのが、下の写真にあります滋賀県は大津の「日吉大社」です。
神様の使いであるお猿さんの彫刻を、楼門の屋根下に4体見つける事が出来ます。

 

20150309_1

大津SA入りの10時時点ですでにお腹が空き、豚まんをサクッとお腹におさめ、
すぐにまたお腹が空いてパニーニを食べ、京都へGOであります。

 

20150311

 

行き先は、京都御所の「猿が辻」。
京都御所の鬼門にあたる東北東に猿が祀ってあり、このお猿さんが夜な夜な抜け出して通行人に悪さをしたのだとか。
それで、このように金網にとじこめられているのだそうです。
まるで尾崎豊の歌のようではありませんか。
お猿さんは、エモーションを押さえきれず街へ繰り出していたのでしょうか。
校舎のガラスは割らずに通行人へのイタズラですけども。

 

20150309_3

そして八坂の塔からすぐの八坂庚申堂へ見学に。
くくり猿の中に、見猿、聞か猿、言わ猿さんがいるの分かりますか?
しかし現実に生きていると、この「見ざる、聞かざる、言わざる」は難しいですね。
気になって見てしまう、言わなくていい事に限って言う、つい興味が先立ってゴシップを聞きまくるなどなど、
煩悩が捨てられません。
そういう話題ほど蜜の味なのですもの。

20150309_4

せっかく来たのだからと、歩いて清水寺へ。
自撮り棒の多さにびっくりです。あんなに市民権を得ていたとは!

 

20150309_5

何だかんだで、やはり京都は楽しいですね。
路地の隅、古ぼけた看板、どこからも京都の残り香がいたします。
以前、テレビ番組で他県から京へ和菓子修行に来た女の子の話しを放送していました。
何度和菓子を試作するも「京都の和菓子ではない」と師匠からNGを出され、京都のお菓子とは何ぞやと悩みます。
師匠いわく、確か「はんなり」が京都の菓子だと。
「はんなり」!
あまりにもファジー(死語)な喩えに、私もテレビの前で悩んだものです。

「はんなり」は、今回、京都の旅で感じた京都の残り香みたいなものかすらと少し感じましたが、
果たして正解かどうか。
京都に生まれて育ってないと、難しそうな感覚です。
そんな事を「お腹が減った」と思いながら感じた一日でした。

 

20150308_6

そして地元の方に大人気のラーメン屋さんでラーメンと焼き飯を食べ、大変満足で帰路へ。
いや〜満足でございました。
この経験は、きっと仕事に活きてくるでしょう!そうでしょうとも!ほほほ!

 

 

記事

今日は雛祭り

皆さん、こんばんは。
今日3月3日は桃の節句。
女の子の健康を祈る、女の子の節句です。

今のような段飾りを飾るようになったのは、江戸時代になってからだとか。
桃の節句には、ちらし寿司、蛤のお吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒を頂きます。
蛤は女の子の美徳と貞操をあらわすそうです。なるほど。
この年で「女の子」という文字を打ち込むと、そこはかとない罪悪感がわいてきますが、
頑張って打ち込みます。

また、どうでもいい情報としては、海外では「ちらし寿司」の発音が大ウケされます。(私独自調べ)
各国料理持ちよりパーリーをした際、「ちらし寿司」と言う度に、
「チラヒドゥシ!」「ティラシズ〜ス!」と、you達が爆笑に次ぐ爆笑でした。
ことばの響きがyou達の何かを刺激するようです。
国際パーリーの際にはお試し下さい。ウケなかったらゴメンナサイ。

 

20150303

それはいいとして。
先日、母の友人から手作りのローカルフードを頂きました。
東海地方で桃の節句に食べる「おこしもの」です。今では珍しくなったかもしれません。
「おこしもの」とは、熱湯でこねた米粉を縁起のいい扇や鯛などの型で形づくり、蒸したあとに色づけしたものです。
色合いは「ピンク」「黄色」「黄緑」の3色が使われる事が多いようです。

これを砂糖じょうゆなどで、お餅を食べる時のようにして食べます。
大変シンプルなものですが、なかなか素朴で美味しいですよ。
見た目も春らしくてファンスィ〜ですしね。

この3色カラーのお米をあしらった、三河の郷土まんじゅう「いが饅頭」というのもあります。
これもまた機会ありましたら、ご紹介しますね。

記事

今年の梅の花はちょっと遅いようです

皆さん、こんばんは。
そろそろ花粉が飛びまくる頃。
あたたかくなって、花も咲いて、遊びに行くにはもってこいの時期ですが花粉症の方にはつらい季節ですね。
今年もまだ何とか発症してないようですが、いつ「来る、きっと来る」になるのかと思うと恐ろしくてたまりません。

201500302

 

この時期というと例年梅が見頃ですが、今年はちょっと遅いような気がします。
「松竹梅」でもおなじみの梅の縁起の由来は、寒い中じっと耐えて香り高い清らかな花を咲かすところが、
清廉潔白・節操をあらわすのだそうです。
また花言葉は「厳しい美しさ、艶やかさ」。

いいですね。そういう人になりたいものです。
ペンペン草及びドクダミからの脱却をはかりたいものです。
イメージが梅の花。いいではないですか。

梅のことわざも沢山あります。
「梅にうぐいす」
「梅はその日の難逃れ」
「梅はつぼみよりも香あり」
「塩梅」
「梅は食うともサネ食うな 中に天神寝てござる」などなど。

最後のことわざですが、これは青梅の核に毒素があり、食べると腹痛をおこすことからだそうです。
私も子どもの頃、祖母から種の中身は食べてはならぬと言われました。
ですが、「やってはならぬ」と言われるとやってみたくなるのが子ども心。
梅干しの種をカリカリ噛み、中の天神さん部分を食べるのがブームでした。
背徳感が余計美味しく感じさせたのでしょうかね。

よく聞くと、実は祖母も母も天神さんをかじるのが好きだったようです。
血は争えないものです。

記事

PAGE TOP