うぶすな日誌

京都に行って来ました

皆さん、こんばんは。
花冷えと言うんでしょうか、夜になると春とは言え冷えますね。

先日、「申年」のえと縄研究の為に、滋賀と京都へ旅してきました。
いやあ楽しかった。楽しんでばかりではいけませんが、大変楽しい旅でした。

 

201500309_2

 

まず、はじめに訪れたのが、下の写真にあります滋賀県は大津の「日吉大社」です。
神様の使いであるお猿さんの彫刻を、楼門の屋根下に4体見つける事が出来ます。

 

20150309_1

大津SA入りの10時時点ですでにお腹が空き、豚まんをサクッとお腹におさめ、
すぐにまたお腹が空いてパニーニを食べ、京都へGOであります。

 

20150311

 

行き先は、京都御所の「猿が辻」。
京都御所の鬼門にあたる東北東に猿が祀ってあり、このお猿さんが夜な夜な抜け出して通行人に悪さをしたのだとか。
それで、このように金網にとじこめられているのだそうです。
まるで尾崎豊の歌のようではありませんか。
お猿さんは、エモーションを押さえきれず街へ繰り出していたのでしょうか。
校舎のガラスは割らずに通行人へのイタズラですけども。

 

20150309_3

そして八坂の塔からすぐの八坂庚申堂へ見学に。
くくり猿の中に、見猿、聞か猿、言わ猿さんがいるの分かりますか?
しかし現実に生きていると、この「見ざる、聞かざる、言わざる」は難しいですね。
気になって見てしまう、言わなくていい事に限って言う、つい興味が先立ってゴシップを聞きまくるなどなど、
煩悩が捨てられません。
そういう話題ほど蜜の味なのですもの。

20150309_4

せっかく来たのだからと、歩いて清水寺へ。
自撮り棒の多さにびっくりです。あんなに市民権を得ていたとは!

 

20150309_5

何だかんだで、やはり京都は楽しいですね。
路地の隅、古ぼけた看板、どこからも京都の残り香がいたします。
以前、テレビ番組で他県から京へ和菓子修行に来た女の子の話しを放送していました。
何度和菓子を試作するも「京都の和菓子ではない」と師匠からNGを出され、京都のお菓子とは何ぞやと悩みます。
師匠いわく、確か「はんなり」が京都の菓子だと。
「はんなり」!
あまりにもファジー(死語)な喩えに、私もテレビの前で悩んだものです。

「はんなり」は、今回、京都の旅で感じた京都の残り香みたいなものかすらと少し感じましたが、
果たして正解かどうか。
京都に生まれて育ってないと、難しそうな感覚です。
そんな事を「お腹が減った」と思いながら感じた一日でした。

 

20150308_6

そして地元の方に大人気のラーメン屋さんでラーメンと焼き飯を食べ、大変満足で帰路へ。
いや〜満足でございました。
この経験は、きっと仕事に活きてくるでしょう!そうでしょうとも!ほほほ!

 

 

記事

まかないを振り返る

皆さん、こんにちは。

昨日は結構な雨降りでしたが、今日はポカポカいい天気です。
ただ惰眠をむさぼりたいですね、こういう日は。
「出かけたい」と思わず「寝たい」というところがイカンと思いつつも、
眠くて仕方ないエブリデイです。

20150116

最近のブログは過去ばかり振り返っております。
本当は昨年アップしたかったのに。

本日は、うぶすなの繁忙期まかない事情です。
毎晩うぶすなの胃袋管理人CKOが作ってくれ、これが楽しみで働いているようなものでした。

毎日何を食べたか記しておいたものを、今見返してみると、やはり労働者仕様のガッツリメニューが多い気がします。
「肉」「ラーメン」「米」「カレー」
外食も含め、このあたりが多いですね。
やはり労働者には「早い」「うまい」「お腹満足」。
W炭水化物万歳です。
とにかく食べねば体と脳がもたないゆえ、やはり健全な魂には健全な食事が大事だと痛感しとります。

記事

冬の美味を頂きました

皆さん、こんばんは。
今日も寒い寒い一日です。
「犬は喜び庭かけまわり」という歌詞がありますが、
高級犬毛100%の飼い犬は、毎晩すごい勢いでズザーッとコタツに入って寝ております。
あの毛皮は何の為なのか、野生の証明を忘れたのかと毎日説教していますが、聞く耳を持ってもらえません。

20150114

この写真は去年の年末のものですが、
内職スタッフさんに採れたての大根とカブ、みかんを頂きました。

繁忙期は体がみかんを無性に欲するので、
大変ありがたい頂き物です。
やはり空気の乾燥と、「何があっても風邪を引いて休む事は出来ない」という脅迫観念からビタミンスィーを自然と求めているのでしょうか。

しかし猫の手を100本ぐらい借りたい繁忙期は、スタッフ一同不思議と風邪を引かないのですよね。
やはり気を張っているからでしょうか。後は忙し過ぎて全く外出していないというのが大きいかと思います。
おかげで風邪を貰いようがないという。

完全にガラパゴス状態で疫病も入ってこないのですが、世間の情報を仕入れる余裕のない時期で、本当に世の中で何が行われているのか全然分かりません。

地球とは違う惑星で生きているのではないかとすら思うほどです。
タイトルの「冬の美味」から随分と話題がずれましたが、今は余裕が出来て地球で生きてる感満載です。
やはり地球がいいですなあ。

 

記事

ドラマチックナイト

皆さん、こんにちは。
毎日寒いですね。風邪も流行っております。
内職スタッフさんいわく、2週間は治らないのが今の風邪の特徴との事。
おそろしい。
どうぞ皆さん、お気をつけ下さい。

20140109

去年の事を振り返っても仕方ないことですが、去年の事を少し。
毎日深夜にまで及ぶ繁忙期、スタッフ酉子が気付け薬がわりにCDを作ってくれました。
私たちがハマって見ていた「夜行観覧車」「聖女」「Nのために」のドラマ主題歌集です。
どうも、多少の昭和感と昼ドラ感とドロドロ感が我々のツボの様です。
このCD集を聞きながら毎日ヘロヘロと通勤しておりました。

真夜中に内職スタッフさんのお宅に物を届ける事も多く、
また深夜に、この手のドラマチック感満載の曲というのは良くハマるのです。
「あなたのために夜を駈けるわ!」という気分になるものです。

ただし「あなたのため」の荷物が90cmの麻縄20本なのですけども。
しかも、真夜中に他所様のポストに麻縄20本をゴソゴソ入れて、
自動点灯ライトにあぶりだされて、慌てふためく怪しい女ですけども。

そんな時にジーンとくるのが、内職スタッフさんの優しさでございました。
ポストに「遅くまでお疲れ様です」と貼ってくれてあるではないですか。
ッカー!わたしゃ涙が出そうでしたわ。
大体夜中に人のポストでゴソゴソされるの自体迷惑なのに。
やはり、うぶすなのスタッフさんは皆さん素晴らしい。
仕事が出来る人間は、人も出来ておるものです。

昨年は、そんなドラマチックナイトな日々でした。

記事

本年も宜しくお願い致します

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

本日から仕事初めの、うぶすな作業場です。
昨年末までの激務が嘘のように穏やかで、仕事勘を戻すのが大変です。
その分、なるべく毎日体を動かして勘が鈍らないように調整してきたつもりでもダメですね。
中日ドラゴンズの山本昌さんがテレビ番組で話していた、
「45歳からは休みをとってしまうと、戻すのに苦労するから休まない」という話し、痛感しております。
ま、まだ、一応そんな年ではないですが。

 

20140108

 

皆さんの冬休みはいかがでしたか?
酉子は一年の任務から解放されたせいか、大風邪を引いてしまったようで今も調子悪そうです。

ではでは今年もこんな感じのブログですが、良かったらどうぞお付き合い下さい。
よろしくお願いします。

記事

PAGE TOP