うぶすな日誌

ブリしゃぶ

皆さん、こんにちは。

忙しい仕事の合間をぬって(ひんしゅくだけども)休みを取り、
ぶりしゃぶを食べに行ってきました。

とろっとろの脂ののった、ぶりしゃぶ。
まずは刺身で。
そいでもって次は、しゃぶしゃぶ。

おいしかった。
ものすごく美味しかった。最初は。
しかし、段々苦しくなってきて、
あまりのお腹パンパンに翌日までくるしみました。
なんという贅沢な悩み。

私のような庶民は数枚食べるぐらいが、ちょうどいいのかもしれませぬ。

記事

さよならまたね

皆さん、こんにちは。

平成最後の年、平成最後の年と世間は騒がしい。
しかしやはり、何か今年は色々節目の年だなと思うこともあり。
個人的には、2月1日に犬が亡くなったことが節目です。
15歳と1ヶ月。十分生きてくれました。

一年ほど前から認知症にかかり、必死のパッチの介護生活でしたが、
だんだん痩せて最後は老衰で死んでいきました。
最後に看取ることができて、本当に良かったと思います。
いちいち「今から死ぬワーン!」と、鳴いて知らせよりましたで。

ま〜年末の繁忙期+帰ってからの介護の凄まじさと言ったら。
よくやり遂げることが出来たなと我ながら。

終わりよければ全てよしと昔から言いますが、
本当にそうだと痛感いたします。
見事な満点の着地で犬生にケリをつけて、天晴れな奴だと。

見習わねばなりませんな、こちらも。

記事

いい湯だな、はははん

皆さん、こんばんは。
なんだか毎日慌ただしいです。
忙しいのはいいことですが、ゆっくりハンモックに揺られてマンゴーでも遠い目でかじりたい。
木の幹に開いた穴に入って、コタツと漫画とカップラーメンを持ちこみ、春まで冬眠したい。(但し山ねずみサイズにならなければ)
1時間マッサージコースを渋らずに一ヶ月2回ぐらい大名気分で行ってみたい。

どこか遠くへ行きたくなりましたわ。

一昨年ぐらいに京都一人旅で泊まったのが、昔遊郭のあった地域の、かつての置屋だった旅館。
どこもびっくり価格の宿しかなく、ここならば良さそうと泊まったのです。
雰囲気あって良かったですわ。
遊郭というと、昔は娘さんたちの涙もたくさん流れた場所でしょうけども。

夜は近くの銭湯の無料券をくれたので、通いました。
住人気分でとても楽しゅうございました。
みてください、いい感じの電飾。
中は常連の姐さんがたが沢山おられ、一見のトーシロが邪魔しちゃなんねえとなるべく下手下手に移動作戦で過ごしました。
また行きたいものですなあ。

記事

ノスタルズィな盆おどり

皆さん、こんばんは。

今年は仕事で久しぶりに盆踊りを見る事が出来ました。
盆踊りは好きなのです。
あの何とも言えぬノスタルジー溢れる感じが。

むわっとする夏の夜に灯る提灯と太鼓のこもった音色、炭坑節の音色が。
だがしかし、最近はちょっと元気のよすぎる盆ダンシングが多いので、
かつての、古き良き盆踊りが台頭してくれてもいいんだけどなと思っております。
あの秘めてる感じがよいではないですか。

行ったことないけれど、おわら風の盆のイメージでございます。

記事

真夏の夜の熱い花火

皆さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
なぜに愛知県が暑さグランプリに連日ランクインを!と、
ブツブツ言いながらも毎日元気に、来年の亥のえと縄づくりに励んでおります。
いやはや暑い。ほんとに暑い今年の夏。

暑すぎて、うぶすなのWEBサイトのトップページを変えるのを忘れていました。
大変失礼しました。なんと8月なのに6月になっていました。
思わず酉子に「ねえ、juneって7月だっけ」と訪ねたほどです。
7月どころか6月やないか!と己にツッコミつつ。

さて、先日の休みに岐阜県は長良川の花火大会に行ってきました。
いやあ〜楽しかった、凄かった。
年のせいか、花火を見て泣けてきそうに。鬼の目にも涙ですわ。

隣に座った年配のご夫婦の、
「冷凍庫の氷が入る部分にアイスを入れるな」という、奥さんの旦那さんへの怒りを聞きながらの花火もオツでした。
わかりますとも。氷入れるとこにアイスを入れられる苦痛。
あそこはあくまでも氷の居場所。守るべき場所です。

写真いっぱい撮ったので載せます。
風流な花火というより、なぜかサイバー風な、
サイバーパンクっぽい写真ばかりになりました。なぜなのか。

宇宙ですよね、もはや。もしくは深海2万メートル風味ですよね花火なのに。

もっと今年は花火を見ねばと思っています。

記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 31

PAGE TOP