ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

時に他力本願

皆さん、こんばんは。
うぶすなの作業場は、基本自力、時に他力本願で仕事が行われています。

どういう時に他力本願が炸裂するのか。
それはズバリ「探し物」をする際です。
とにかく年末の繁忙期は出荷待ちの商品、検品待ち商品、色んな材料、スタッフと、
お腹をへこませて横歩きせねばならないほど、物であふれかえります。

 

20150216

 

昨日そこにあった物を、今日置いておけるスペースがなくなり、
急遽あらぬ場に収納される場合など日常茶飯事。
昨日あった物が今日あると思うべからず。
昨日のルールは今日通用すると思うべからず。
と、情勢が刻々と変わる国のごとく、とにかく「べからず」が多いのです。

過ぎた昨日は頭から放り投げ、今を生きるという一期一会を実践しておるわけですが、
探し物をする時は、頑張って自分で探すよりも人に頼った方が早いでございます。
その方法は、「探してる雰囲気を醸しながら途方にくれる」です。

最初から探す事を放棄して、決してオイラ頼りっぱなしじゃないよというアピールも見せつつ、
途方にくれるのです。ちょっとカゲのある雰囲気を演出して。
すると必ず、「何か探し物?」と天の声がかかるわけです。
これも猫の手も借りたい程の忙しさを乗り切る、皆の知恵です。
探す時間という無駄な時間を省き、それよりも優先事項を一蓮托生でこなさねばならぬゆえ。
その前に片付けよという話しかもしれませんけども。オホホホホ。

今迄探し人が取りかかっていた仕事から、「きっと今はこれを探しておるな?」と探し物を割り出し、
サッと必要な物が届けられるなどのサービスもあります。
人間関係がうまくいっていない職場だと、このような事は無理ですので、
頼りすぎず、頑張りすぎずのほどほどでいくのかよろしいかと。

ちなみに写真は、探し物緩和の為の救済措置「ポップ」です。
ちょっと遊び心もくわえてございます。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP