ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

申年も宜しくお願い致します

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今日から仕事初めの、うぶすな作業場です。
怒濤の年末の忙しさを思うと、拍子抜けするような年始のゆるさ。
ダラッダラとテレビや映画を見て、惰眠をむさぼり、ボリボリと菓子を食べ、
堕落の喜びを味わっていたせいか、いまいち仕事のリズムが戻りません。
が、納期が迫っている仕事もありますし、仕事の勘を早く取り戻さねばと思っております。

 

 

20150108

 

皆様おせちは召し上がりましたか?
写真は、異常に庶民的なわが家の「おせち」です。
黒豆の入れ物は、ゼリーの入れ物を使い回すというエコロズィーぶり。

そして朝っぱらから(正月は遅くまで寝るんで、ほぼブランチですが)唐揚げと雑煮です。
愛知県のお雑煮は、すまし汁にお餅、餅菜と、鰹節、彩りにせいぜいカマボコぐらいで、余りこれといった特徴はありません。
ですが、わが家はわざわざ雑煮を作るという面倒くささを排除するために、
赤みその味噌汁に各自食べたいだけ餅を投入して煮るという、
愛知県の中でも独自のアンダーグランドな食べ方をしております。

わたくしめは、ダラッダラに餅が溶けるほど煮るのが好きなので、
汁もダラダラ、餅もダラダラです。
餅が溶けた味噌汁は強烈に熱されて喉にはりつき、
大変危険な飲み物になりますゆえ、気をつけねばなりません。

おせち文化もすたりつつあるかもしれませんが、
やはりお正月にお雑煮、おせちを食べるというのは、
正月気分を味わえていいものですね。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP