ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | 日常お気楽日記

負けられない女の闘いがここにある

皆さん、こんばんは。

ちょっと前の話しになりますが、なでしこは決勝戦で破れてしまい本当に残念でした。
スポーツマンシップとはまさにこの事と言いたくなる、なでしこの清々しい戦いぷりは、
見ていてもグッとくるものがあり、常に三河の片隅より熱烈応援しています。
おきばりやす!なでしこ!そして、お疲れ様でした!

さて、旅の続きです。
一旦小豆島から離れ、話題は高松へ。
高松の友人と合流し、総勢4名で目指すは金比羅さんです。

20150709_1

途中、こんな素晴らしい風景に次々に出会えます。
日本の夏です。高松の夏。

20150709_2

金比羅さんは高校の修学旅行、うぶすな有志旅行、そして今回と全部で3回訪れています。
正直高校の頃は、ダルいし年寄りくさいし、何が楽しいか分からないと思いつつ死んだ魚の目でのぼりました。
しかし大人の階段のぼりすぎ、今ならば本当の良さが分かります。
やはり行くべき時に行くというのが大事なのかもしれません。

今回の我々の目的は階段数1368段を登頂し、奥の社の地を踏む事です。
その為、各々が鍛錬をつんでまいりました。
日夜ジムのトレーニングマシーンで心臓を鍛える者あり、
私は負荷のきつい登山で足腰を強化し、この日に備えました。
気持ちは「いざ、鎌倉!いや金比羅さん」です。
どれだけ真剣なのか。恐ろしい。

20150709_3

写真だけだと風流ですが、実際のぼっている我々の悲惨さはとても写すことができません。
足を捻挫しているにも関わらず、のぼる強者の友人も。
「自分だけのぼれず自慢話しを聞くなど耐えられぬわ」「何がなんでも頂点を目指したる」
「おのれ〜、ここまできて負け戦などなるものか」

このような心の声が聞こえるようです。
女達の執念がうずまく金比羅さんの階段。
誰も「先に行ってくれ。かまわず私の屍をこえていけ」などという者はおらず、
屍になってでも頂点目指すという凄まじい執念が、
あしたのジョーの力石からたちのぼる陽炎のように、ユラユラと出現する始末です。

この時、私は悟りました。
人間を動かす原動力はズバリ「欲望」だと。
私たちは特に禍々しい欲の塊だったゆえ、何が何でも登るという強い精神が生まれたのでしょう。
そして下山したら、居酒屋でたらふく瀬戸内の海鮮を食べると。

20150709_5

やってきました、おっかさん。
本宮まで785段。
さっそく参拝をすませ、しばし休息。
この写真は地べたから動かずに撮る、その名も「座り撮り」です。

20150709_4

どうですか、この眺め。
通称讃岐富士と呼ばれる、本名「飯野山」も見えますね。
つい、おにぎり山と呼んでしまう可愛い山です。

20150709_6

さあ、ここからが本番。
奥の社目指し、ひたすら進みます。
山なので暑さは気になりませんが、やはりしんどいです。
あと何100mと書かれても、それが平坦なのか、それとも急な階段なのかで明暗がわかれる恐ろしさ。

余りのつらさについ、「そんな肉まみれだから捻挫するのだ」「アジアの木彫りの体型め」と言い合い、
お参りをしているのに煩悩がおちるどころか、増える始末です。
「なぜ、このような事に」と、打ちひしがれていると、
友人が「さっき登ってた人、ずーっと嫁の悪口言いながら登ってた」と言うではありませんか。
つらい時に悪態が出まくる。
これは人間のDNAに仕組まれた救済システムなのかもしれません。

暑い時に、言ったところで気温は変わらないのに「暑い暑い」言ってしまうように。
全くもって人間が出来ていません。

「寒い暑い、しんどい、お腹がすいた、やってられん」
つい出てくるこのような思いを、ぐっと自分の内にしまって一人歩く歩き遍路さんは、
そういう点でも修行なのだなと思います。
とても真似が出来そうにありません。

20150709_8
20150709_7

明けない夜はない。のぼれぬ山はない。
ヨレヨレ状態でついに奥の社に到達しました。
階段数1368段。欲深い為、ひとりの脱落者もなく全員がこの地に立ちました。
おにぎり山も、瀬戸大橋ものぞめます。は〜来て良かった。
ああ、ありがたい。

質素ながらも旅を楽しめるだけの生活と、何とかここまで来れた健康に感謝して参拝し、
奥社だけで受けられるお守りを頂き、あとは帰るのみ。

ああ、のぼって良かったと、感動を噛み締めた一日でした。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP