ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | 日常お気楽日記

瀬戸内海はハーフトーン

皆さん、こんばんは。
今日は雨がやんでいる愛知県です。
この季節、人形が乾かないのが困りもの。
年代物の布団乾燥機が大活躍しています。
このネタも、そのうち書こうかと思っております。

さて。

青々とした田園風景とお米が美味しかった小豆島。
小豆島は海もいいのです。
大きめのフェリーが発着する港が3つもあり、おお、島とは言え立派な海洋王国なんだと知り、感動しました。
静かな瀬戸内海は、全員不整脈持ち(トホホ)というズタボロの旅人を治癒してくれるようです。

20150702_7
ポストカードにどんぞという様な一枚。オリーブ公園からです。
こう見ると洋風な海に見えます。洋風な海って何だって感じですけど。

20150702_6

宿泊先の窓からも海。
とても言えないある理由から窓をあけて寝ましたが、波の音がとても静か。
私は凄まじい寝不足のまま旅に出て、波の音も何も分からぬまま気絶していたので友人からの情報です。

20150702_9

宿泊先からの眺め。日本の夏ざんす。

20150702_5

高台から見ると、小さな島がいくつも浮かんで、これまたようござんす。
出向いたのが梅雨まっさかりというのもあるのでしょう。
クリアでコントラストの強い発色のいい元気な海もいいですが、島のけぶったような空気感も大人にはいいものです。
全てがとけ込んだようなハーフトーンの色合いで、
マニアックな話しをするとDICカラーの日本の伝統色って感じで、これまたいいのです。

201507-2_4
二十四の瞳映画村からの海。
「こんな学校の生徒だったら絶対勉強せん、どこにいても勉強せんけど」と思える海です。

 

20150702_3

20150702_2

どこかは言いませんが、見て分かる人は絶対分かる海。
ここに訪れるのが今回の私のミッションでした。
しかもカフェオレ缶を持って写真を撮るというのが。
「島にはカフェオレ缶がないかもしれん!(失礼)」と、こちらから安売りを買っていったものの、まんまと宿に忘れ、
現地近くのホテルでギャーギャー言いながら再度買い求めるという失態がありましたが、
そんなスットコドッコイな話しはなかったような静けさでございます。

20150702_8

小豆島から高松行きのフェリーからの海。
これまたハーフトーンな色合い。欲を言えば夕日が見たかったですな。

20150702_1

特別出演してみました。防波堤を走っております。
これもやりたかった事のひとつです。
本当はこのまま海にダイブするのが目標。
しかし飛び込んでも防波堤を這い上がれない、いい年している、服を着ている等の理由で無理です。

あ〜瀬戸内海はいいですねえ。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP