うぶすな日誌

野生の証明

皆さん、こんにちは。

柴犬飼いから猫飼いになった、子美です。
夜に内職をしていると、
水引をオモチャだと思った猫が邪魔を始め、
「ぎゃー!商品になんてことを!このおかげでご飯食べられてるんだでね!」と、
今まで子猫と2度大げんかをしました。
いい年こいて。

水引をグチャグチャにしようとするので「ちょっと!ダメ!」と放り投げたら、怒るのなんの。
タスマニアデビルのように噛み付いてくるので、
こっちも母猫になったつもりで噛みつき返すという、大層大人気ない戦を繰り広げてきたものです。

が、ついに一昨日、また夜に内職をしていたところ、
「あ、おもちゃ!」と目を光らせたものの、
すぐに「あ、これ怒られるやつ」とあきらめたではありませんか。
彼女なりに学んで成長しとる!と感動しつつ、
子猫相手に真剣に叱って悪かったなとも思っております。
普通のおもちゃと水引と何が違うんだと、猫側からすれば思うでしょう。

だが、この目つき。
まだまだ油断ならぬ、野生的な目をしております。
まだ戦は続くでしょう。

記事

PAGE TOP