ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

梅は咲いたが、桜はあとちょっとです

皆さん、こんばんは。
今年は未年ですが、すでに申年に突入している「うぶすな」です。
3月後半には第一回のプレゼンが始まり、
申年の「えと縄」の試作もかなり仕上がってきています。

今日は天気もよく、外に段ボールを敷いて手で綯う(なう)注連縄づくりのおさらいをしていました。
人には何事も向き不向きがありますが、恐らく向いているのでしょう。
素晴らしく上達していました。(自画自賛)

根がミーハーなのと、比較的好奇心が強いせいで、あれこれ好きなものが多いですが、
中でも「魚釣り&潮干狩り」と「火おこし」は、こう、体がゾクゾクするほど好きな2大アトラクションとして、
私の中でインプットされております。
ここにきて、「藁を綯う」も見事ランクインされました。

太古の生きる為の生業みたいな物がDNAを刺激するのでしょうか。
料理とか裁縫とか編み物でもいいのですが(やれば奇妙な芸術作品が出来ますが、残念ながら全部興味ナッシングです)、
もっと骨太でシンプルな、火をおこす、狩猟をする、生活の道具をつくるというのがミソな気がします。
ゾクゾクするのは、やはり「生きる」感と密接なのだからでしょうか。

だがしかし、ここにきて、これらは結構な割合で男性の仕事だというのに気づき、頭を抱えております。
中学の授業で縄文時代に憧れたのが、そもそもの間違いの発端だったのではなかろうか。
今さら軌道修正は無理ですが。

20150318

またもやタイトルと全然違うブログ内容になりました。
梅です。梅の事を書くはずだったのに。
春霞の梅なんて、日本画風だわと写真を撮ったものの、余り日本画風に見えぬ写真になりました。
さて、愛知県の桜開花予想は25日頃だそうです。桜の時期まで、あとちょっとです。

20150318_2

 

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP