ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

生きております

皆さん、こんばんは。
もうどれだけ休日出勤をしているのか、何百時間働いているのか分からなくなっておる、うぶすなスタッフ子美です。
もはや今日が何曜日で何日なのか。もう何だか分かりません。ここはどこ、私は誰です。
ご無沙汰しております。

今年も沢山のえと縄のご注文、お問い合わせ誠にありがとうございます。
また毎年のように早々に完売の品ばかりになってしまい、
大変ご迷惑おかけしましたこと、お詫び申し上げます。

とにかく毎日気合と体力のみの戦いになってくると、
いかに人間、食と睡眠が大事か分かってきます。動物と一緒です。
食べられるだけ食べておく、一秒でも寝られる時間があれば気絶する。
そして絶対に安心はしない。気がゆるむと風邪を引いたりしますでね。
終わった終わったと、安心して気がゆるんだところで急なトラブルが発生すると、
そこからの精神と体力の立て直しは通常の倍の労力がいるので、とにかく安心しないことが大切でございます。

そして忙しい毎日の一番の敵は録りためた録画番組の消化です。
日々減っていくHDDの残量。
目の下にクマをつくりながらも、せ、せめて30分だけでも見て少しずつ消さねばと、不毛な戦いをしています。
「陸王」も途中から見ておりません。
ちょうど同じ三河地域の豊橋でロケがあるようなので、
明日時間があったらエキストラ行ったろか、ニヤニヤして映ったろかと思いましたが、仕事で断念しました。
小さな伝統産業の町工場での出来事は他人事を思えず、
正司照枝さんが倒れた際に阿川さんが「あたしがやるよ!」「あんたまで倒れたらどうするんだい!」というやりとりは、
「こ、これは、私たちの仕事場を見たのか!」というほどシンクロ率が高く(誰も倒れてやしませんが)、
毎回オイオイ泣いて見ています。
我ながら単純。

ちょっとは落ち着いた気がするのでブログ書いてみました。
でも安心は禁物。
勝って兜の緒をしめよです。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP