ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

古典図柄手ぬぐい風な景色

皆さん、こんばんは。
無事、人形見本市展示会も終え、あとはひたすらお正月に向けて、
前のめりで全力疾走するのみの日々になってきました。

毎日カラッカラの晴天が続いています。
気持ちのいい暑さです。
犬を飼っているので、夏の散歩につきものなのが「手ぬぐい」。
タオルを首に巻くと、かさばって案外暑いので、薄手の手ぬぐいがなかなか良いのです。
日本古来のものなので、図柄も四季折々色々あって楽しめます。

 

 

昔撮った風景が、ちょっと手ぬぐい風だなと載せてみました。
モダンな古典図柄のグラデーションに見えぬこともない、
電線が模様みたいだし、月が可愛いしと、無理矢理言い聞かせてみます。

うぶすなでは、毎年その年の「干支」の手ぬぐいを販売しています。
染め方は、昔からある伝統的な「注染(ちゅうせん)」染めです。
やはり、注染は風合いがあるのが特徴。
注染かプリントかは、裏から見ると分かりやすいですよ。
裏に布地の色がかぶっているのがプリント染めで、
裏も表も図柄の色がクッキリ出ているのが注染です。

お店で手ぬぐいを見かけたら、ちょっと裏を見てみると通っぽいかもしれません。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP