ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

迷いたい

皆さん、こんにちは。
ゴールデンウイークですが、仕事しとります。
電話もないし、来客もないしで、静かで仕事がはかどるのです。
AMレイディオを聞きながら、せこせこ人形作っています。

さてはて。
先々週京都に遊びに行き、かつて花街(遊郭)だった島原の旅館に素泊まりし、
旅館すぐの地元の方の行くローカル銭湯に毎晩つかり、
観光向けの顔ではない京都体験が少しだけ出来て満足でした。

旅館も予算をおさえるために、たまたま取ったのですが大正解。
当時の面影が残る門や町屋、郭の名残など、かつての遊郭のあった地を夜遅く銭湯帰りに一人歩くと、
ほのぐらいオレンジ色の灯りの中から、三味線や人の笑い声や、新撰組が酔って闊歩していたのかなという光景まで、
ヨーダが3D映像で浮かび上がるように、ボワ〜ンと目の前に見えるようでした。
ぜひ次回も泊まりたい。

 

 

 

行くあてもなく、毎日思いつきで彷徨いつづけ歩きまくったのも、
疲れに反し楽しいものでございますどす。
途中で思いつきで「あ、あそこ行こ」という気まま旅です。
美味しそうなものを見つけたら飛び込むのも忘れしまへん。

ひたすら迷い、知らない路地に入ってはウロウロし、
スマホのマップを開くと電池をくうので、一人旅では余り開けず、
じゃあ人に聞けばいいかと、地元のおかみさん達に道を聞き聞き、また歩くという。
どれだけの人に聞いたか分からないぐらい道を聞きましたわ。

最近はスマホという文明の力に頼る旅が多かったですが、
私は本来迷うのが楽しいのですわ。
翌日合流した友人に、「歩き過ぎやで。地下鉄乗ればええんと違う」と言われましたが、
それじゃロマンがござんせん。
知らない路地へ路地へ迷いたいんどす。ふら〜っと引き寄せられるんどす。
ここどこや、という少しの不安と、この先に何か面白いもんがあるかもしれんという大きな期待、
自分の足で目で勘で、旅の醍醐味を見つけたいのどす。
人生すでにかなり迷ってるのに、さらに迷いたいとは、どれだけ迷うのが好きなのか。
堪忍やで〜。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP