ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | お知らせ

新潟はいいところで、いい人ばかりでした

皆さん、こんばんは。

 


初の新潟出張に備え、長靴を持参した我々。備えよ常にの精神です。
先方からのファックスには「すごい雪ですので驚かないでくださいね」とあり、
愛知県民の私たちは未知の銀世界に怯えておりました。
といっても、かつて赤倉や妙高にスキーに行った覚えがあるのに。

東京からは班長酉子が取ってくれた上越新幹線「MAX朱鷺」の2階席で楽しく過ごし、
あっという間に越後湯沢に。
あれ?思ったより雪がない。そして寒くない…と思いながらも早めに長靴で武装。
在来線で揺られることしばし。
ますます雪がない…。

 

 

現地の高校生達が、コンバースで普通にいることに一抹の不安が。
車内で浮く長靴のわたくしたち。
「な、長靴って言っても一応ブーツに見えんこともないでいいよ!」と励まし合いながら。
豪雪地帯という非日常な響きにテンションがあがってしまい、
八甲田山の雪中行軍にでも行くつもりだったのを反省。
ようやく十日町につくと結構な雪で安心(?)しましたが、長靴じゃなくても良かったですわ。
(写真は無理矢理雪のあるとこを歩いてみました)

いつも仕事をお願いしているYさんに駅まで迎えに来て頂き、はじめての顔あわせ。
長靴はやはり笑われましたわ。ほほほ。
長いおつきあいですが、一度もご挨拶に伺っていなかったので、
実際にお顔を拝見でき、ああ、もっと早く来てちゃんとご挨拶をしておいたらと。
遠い事を理由に不義理を働いてしまっておりました。

 

 

新潟流の素晴らしいもてなしを受け、色んなお話をし、
普段どのように仕事をしているのか工場や倉庫(ここは凄い雪)を見学させてもらい、
本当に充実した一日になりました。
ネット社会は便利ですが、やはり顔をつきあわせてお人柄に触れるのは大事だと痛感します。
勝手が分からないと、無茶な注文をしてしまっているかもしれませんし、
やはり現場を見るのは大切ですね。
お忙しいなか丸々一日お時間を作って頂き、ありがたい事です。

 

そして何が素晴らしいって、お茶うけの手作りの漬物が本当においしくて、おいしくて。
後で「あんた凄い食べとったね」と言われる程箸が止まりませんでしたわ。
ウド、群馬の空っ風で干した大根の漬物、野沢菜、ぜんまい…。
全部ごま油で炒めてあって、んまあ美味しいこと。
次から次へと甘いものも出してもらい、甘いの辛いの幸せです。


猫のはなちゃん。どの職場も猫の社員がいます。

ほんとう〜〜〜〜〜〜〜に、良くして頂き感謝の言葉しかございません。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

また季節のいい時にも新潟行ってみたいですね。
新潟がすっかり好きになりました。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP