ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | うぶすな作業場から

本物の「むくろじ」

皆さん、こんにちは。
今日は「うぶすな」の仕事納めの日。
愛知県は陽射しサンサン、ぽかぽか陽気です。

今迄の終わりの見えない怒濤の忙しさから、ようやくホッと一息つけ、
何だか気が抜けております。
戦の日々を共に戦ってくれた助っ人パートさん達はすでにお休みに入り、
一人減り、また一人減りと、パートさんが使っていたマグカップを棚にしまうたびに、
何だか寂しいわあと毎年思います。

と言いながら、さきほど助っ人Yさんが嬢ちゃんと遊びに来てくれ、
色男について熱く話し合ったとこなんですけど。

 

20161228_1

もっと早くに紹介したかったのですが、
今年の「えと縄」の一番大きなお正月飾り「日輪大飾り(たいようおおかざり)」には、
本物の「むくろじ」を使っています。
よく羽子板の羽根の玉に使われる植物の実ですが、
漢字で「無患児」書き、字の通り子どもの健康を願う意味が込められています。
羽子板の羽根に使うのは、子どもの健康を祈ってのことのようです。

また、お釈迦様がむくろじの実で数珠を作ったというお話から、
数珠にも使用されています。

来年酉年には是非、このむくろじを使いたいという話しが出たものの、
むくろじ探しに難航。
一体全体、どこで採れるのかと。
植物に詳しいトレッキング奥様連から情報を得て、
何とか本物のむくろじを使う事が出来ました。
どんな情報も有益でございます。
もつべきものは「友」でございます。

大人気であっという間に完売の日輪大飾りには、
むくろじの羽根と塗りの羽子板があしらわれています。
福を招いてくれること間違いなしですよ!

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP