ubusuna

オンラインショップ

オンライン
ショップ

うぶすな日誌

うぶすな日誌

 | お知らせ

夏の終わりの献灯祭

皆さん、こんばんは。
昨日は来年酉年の注連縄に使う縄が大量にドドーーーーーンと届き、
スタッフ全員、汗だくのド根性でひたすら箱の入れ換え、検品作業に追われていました。

年を取るのはイヤですね。
みるみる手の水分と脂が段ボールに持っていかれ、すべるすべる。
「いか〜ん!手のグリップがきかない!水分が!」と大騒ぎ。
ザラザラ加工がしてある軍手じゃないと、パフォーマンスが落ちます。
おやつタイムは全員で、アイスを食べて糖分水分の補給をしました。
あ〜美味しかった。

2日かかって、ようやく仕舞い終えました。

kentou
先日、仕事と遊びを兼ねて、地元神社の献灯祭に行ってきました。
3,000円ちょいで買った浴衣を着て。
でも自分では着られず、どうしようかと大声で騒いでいたら救世主が。
繁忙期の助っ人、着物が好きな美人奥様のKさんがたまたま作業場に来る用事があり、
ビシッと着付けてもらう事が出来ました。ありがたや。

竹のぼんぼりが一面に灯る境内は本当に幻想的でした。
人工的な光がないのって、今の世の暮らしではななかなかないですが、
ぼんぼりと提灯の灯りだけってのが良かったですよ。
五感が研ぎすまされて野生にかえった感じです。思わず遠吠えしたくなるほどに。

 

kentou3

ビアガーデンにボサノバライブも行われ、
夏の終わりの夜を満喫してきました。
やっぱり浴衣いいものですわ。
うぶすなの午夫も浴衣で参加していましたが、さすがですね。
普段、注連縄づくりで「結ぶ」という作業をしまくっているせいか、
帯の結び方が完璧でした。ハッとしてギュッと結べてました。
書道でもトメハネがきっちり出来ていると奇麗なように、
帯もキュッと小粋に結べてるほうが、メリハリがありますもの。
浴衣はメリハリがないと。

来年はお目当てのもっといい浴衣買っちゃおうと思うちょります。
その為に働かねば!ふふふ。

SHARE

Facebook

Twitter

PAGE TOP