うぶすな日誌

清明

皆さん、こんばんは。
今日4月5日は「清明」。
「清明」とは二十四節気の「清浄明潔」の言葉を略したもので、
澄んだ空気に晴れ渡る空、芽吹く緑、この季節は全てが清らかな気で満ち溢れます。

春は新しい事にチャレンジしたくなるものですが、
特にこの「清明」は清らかな力が高まる頃なので、
身の回り整理.整頓に向いているそうです。

窓をあけて風を通し、新しい春の気で部屋を満たし、
気力備えて日々生きたいものです。

記事

夏至

皆さん、こんばんは。
梅雨入りしたのに毎日晴天と思っていたら、
今日は台風のような大雨。
交通機関は麻痺し、三重では一ヶ月分の雨が半日で降るという異常気象です。
雨は降って欲しいけれど、こういう雨は困ります。
土地の低い場所では本当に驚く程あっという間に水が溢れて道路が河川のようになり、
過去に、もう二度と御免という程の恐怖を味わったことがあります。
それからは、どこの土地が低いのか頭にインプットし、
絶対に高い土地のみを選んで運転しております。
普段、普通に走っているだけだと土地の高い低いは相当差がないと分かりませんが、
大雨だと如実にあらわれますので、調べておいて損はないです。

どうぞ皆さん、気をつけてください。

 

そして今日は「夏至」。
一年でもっとも日が長く、夜が短い頃です。
夏至を境にどんどん気温はあがり、蒸し暑くなっていきます。

記事

八十八夜

皆さん、こんにちは。
5月2日は八十八夜。

 

 

 

末広がりの八の文字に、一番美味しい新芽が出る頃の八十八夜。
縁起がいいこと、このうえなしです。
立春から数えて八十八日目に摘んだ新茶を飲むと、
病気をせずに長生き出来ると、昔から日本では愛されてきました。
一番お茶に含まれる栄養が高くなる頃を、昔の人々は知っていたのですね。

 

 

 

香り高く美味しい新茶をゾゾゾと飲んで、健康に過ごしたいものです。

記事

今日は清明

皆さん、こんばんは。
今日は二十四節気の「清明」です。


すべての生命が輝き、明るく清らかに生き生きする頃。
皆さん、輝いてらっしゃいますかー!(アントニオ猪木氏の声で)

記事

ひなまつり

皆さん、こんばんは。
今日3月3日はひなまつり。上巳の節句です。

女の子の無事と成長を願い、
雛人形を飾り、菱餅と白酒でお祝いします。

もともとは、紙や土で作った人形に息をふきかけて厄を移し、
川や海に流して、無事の成長を祈ったものが始まりなんだそう。

 

 

ちなみに、ひな人形を飾る際、どちがお内裏様でお雛様だったか悩む時ありますよね。
関東では向かって左がお内裏様、右がお雛様。
関西では逆になることもあるんだとか。

まだ、お雛様段まではいいのですが、段々怪しくなってくるのが三人官女や五人囃子の部門です。
毎回持ちものが変わったり、
ちゃんと毎年しまっているはずが部品が無くなり、何も小道具を持たない者が出現したり、
何か持たせないと格好がつかないから、とりあえず随身の弓矢を三人官女に持たせとくかとか、
官女が女コマンド化して別物になるとか、「ひな人形あるある」ではないでしょうか。
え?ないですか?

そういう話しも含めて、雛祭りですね。
良い雛祭りお過ごし下さい。
わたしも今日は、おしとやかに過ごしますゆえ。ホホホホホホ。

記事

1 2 3 4 5

PAGE TOP