うぶすな日誌

部長久々のご出社

皆さん、こんばんは。
今日も寒いですね。
うう、こうも寒いと味噌煮込みが食べたくなってきます。ううう。

 

chii

 

先日、久々に名ばかりの給料泥棒の部長が出勤して来ました。
正しくは強制連行されたと言った方がいいかもしれません。

さっそく、平社員達に睨みをきかせる部長。
竹内力ばりの眼光と、若干のやさぐれ気味なのが気になりますが、
新年初の、「ニャー」の言葉を頂きました。
気をひきしめて仕事に望まねば。

今年16歳、いや17歳?だったか忘れましたが、
以前に比べると体幹と足腰が弱っているご様子。
これからも、足しげく出社して私どもを監視し、
元気で長生きしてもらいたいものです。

余計なお世話ですか?部長!

記事

餅花

皆さん、こんばんは。
ここ数日の日本の寒さったらないですね。
聞いた話しでは、台湾でも雪が降ったとか?
あまりの寒さにコタツの中から一歩も出られず、
ダメ人間まっしぐらな週末を過ごしました。ホホホ。

 

20160125

 

さて、寒い寒い冬のなかでも、かわいらしい雰囲気で明るい気持ちにさせてくれる「餅花」。
お正月や節分などに飾られる餅花は、
柳や竹の枝に、紅白に色づけし小さなお餅を花のようにさしたもの。

柳というのは、「柳のような人」との喩えもあるように、
凛とした姿形でしなやかで折れにいのが特徴。
また、神様の依代でもある縁起のいい木なんだそうです。

餅花はたわわに実った稲穂を模しており、
五穀豊穣の願いをこめて飾られるようになったとか。

また、餅花は自分でも簡単に作ることが出来るようです。
今ネットで調べましたら、
枝ぶりのいい枝を選ぶこと、
白いお餅を先に枝につけること、
そのあとに食紅で染めた赤いお餅をつけるといいそうです。

お餅はつきたてがいいんでしょうけど、
パックのものは丸めやすく柔らかくして使うそうですよ〜。

※参考文献:京の宝づくし 縁起物

記事

いいものですなあ。雪見しるこ

 

皆さん、こんばんは。
毎日さむい、さむいと震えております。
逢えなくて震えるじゃなくて、寒くて。

今日は日中いいお天気に恵まれ、
窓際にへばりついていれば、日差しのおかげで暖房なくとも体はポカポカ。
お昼は獣のように窓辺で日光浴し、今日分の日光を毛穴に取り込みました。

 

 

suruko

 

先日、雪の日に出た3時のおやつ「おしるこ」。うぶすな作業場のまかない処、CKO作です。
これが何ともまあ美味しいこと。
五臓六腑に染み渡るとは、この事です。
ぬくとい部屋で寒そうな外を眺めながら、
しるこをすするなんて貴族のようではありませんか。

雪に不慣れな愛知県民。
雪の前では生まれたての子鹿のように無力なのですが、
車につもった雪を素手で掻き、(雪降ってる事を忘れて吞気に駐車場に行った私がバカだった)
凍った路面の橋の上をヨタヨタ走り、何とか出社して良かった。
3時のしるこに出会えて良かったです。

記事

初雪がふりました

皆さん、こんばんは。
暖冬だと油断していた矢先、ついに愛知県にも初雪が降りました。

当日は、関東支部から亥坊と戌太郎も参加し、
うぶすなの今年はじめての会議がありました。
しめ縄屋さんに会議があるの?とお思いでしょうが、あるのですよ。

余りの寒さに、全員が着れるだけ着込んだダルマスタイルで挑みました。
社長の午夫はズボンonズボンという斬新な着こなし。
みなで震えながら肩寄せ合い、一蓮托生で望んだ次第です。

昨年の制作上の反省点、今後の展望などを話し、酉年に向けて早くもスタート。
年始はいつも、もっとノンビリしていたような気もしますが、
今年は早くも慌ただしい気配が。おそろしい。
すでに納期が差し迫っているものも数点。
日々検品と包装に追われております。

 

samui

とか言いながら、会議前にちゃっかり雪だるまなんぞ作って、初雪に浮かれたりして。
目は千両か万両の実、口は山茶花の花です。
我ながらキューティーに作れたのではないかと満足しています。

 
samui2

横から見るとペラペラなんですけどね。ホホホ。
なんせ手が冷たくて。

記事

手のひらにちょこんと乗る、干支まもり

皆さん、こんにちは。
今年の冬は暖冬で過ごしやすいと思っていたものの、
来週からは寒さが復活するようですね。

さて、今年は申年。
おさるさんというのは、動きのあるユニークでかわいい見た目と、
活発で明るく、頭のいいイメージがあるせいか、
申年のえと縄は、私たちも驚くほどの人気がありました。

 

20160115

 

去年から私と酉子で、弊社の「招きえと」専用のショッピングページにとりかかっていたのですが、
ものすごーーーく時間をかけて、ようやく昨年末に完成しました。
それぞれの干支にあわせて、わたくしめ子美が全国各地で地面に這いつくばったり、怪しさ全開でロケ撮影&デザイン&キャッチコピーを考え、
酉子がサイトのコーディングをし、
関東支部の亥坊が総括してwebサイトに仕上げました。

http://www.ubusuna-shop.com/manekieto

もし、よろしければご覧ください。

ちなみに、申の招きえとの撮影場所は京都御所の猿が辻前です。
夜な夜な猿が辻のおさるさんが、京都の町に繰り出し悪さをするので、
金網を張って、悪さを封じたという言い伝えのある猿が辻。
招きえとのおさるさんは、悪さをせずに福を招くいい子です。

記事

PAGE TOP