うぶすな日誌

吊るし雛展

皆さん、こんばんは。
今日は春の嵐の一日です。
昔昼ドラで「春の嵐」というドラマがあった気がします、そういえば。
風はびゅーびゅー、雨はザーザー、えらいことです。

春らしくなってきたということで、
地元の梅の名所「岩津天満宮」に梅見学と、
境内の喫茶店「なおらい」で開催中の「河合幸子さんの吊るし雛展」を見に行ってきました。
まあ〜〜〜可愛らしく見事でした。
そして大盛況。奥樣方で大賑わいです。

吊るし雛は、鳥やお花、柿、こいのぼり、郷土玩具、唐辛子、色んなモチーフごとに丁寧に作られて、
まさに百花繚乱、春がぽこぽこ咲き乱れているようでした。
色合いもシックなものあり、カラフルなものあり、見ていて飽きるどころか、口あんぐりで凝視してしまいます。
主婦の河合さんがひとつひとつ作っていったもので、完成までに3ケ月かかる作品もあるようです。

丸い小さな、色とりどりの玉がぶら下がってる光景は、
何だか幸せな気分になりますね。
たわわに実った稲穂を連想させるのでしょうか。
農耕民族のDNAですね。

愛知にお住まいの方は11日まで開催中ですので、ぜひお出かけしてみてください。
おすすめです。

記事

PAGE TOP